UPDATE 1-EU、国連の報告を受けて、中国での権利侵害を非難


(引用、詳細を追加します.)

[ブリュッセル 1日 ロイター] – 欧州委員会は1日、中国が新疆ウイグル自治区で人道に対する罪を犯した可能性があるとする国連の報告書を受けて、同国における人権侵害を強く非難すると述べた。

欧州委員会の広報担当者は記者会見で、「現在、報告書の内容を評価しており、適切な時期に対応を発表する予定だ」と語った。

「しかし、以前にも述べたように、EU は新疆ウイグル自治区や中国の他の地域での人権侵害、特にウイグル人や民族的または宗教的、民族的少数派に属する人々への迫害を強く非難します。」

退任する国連人権高等弁務官ミシェル・バチェレの報告書は、新疆ウイグル自治区におけるウイグル人と他のイスラム教徒に対する中国の「恣意的かつ差別的な拘禁」は、人道に対する罪を構成する可能性があると述べた。

バチェレ氏の4年間の任期が終了する数分前に水曜日に発表された報告書は、新疆ウイグル自治区で「政府がテロ対策と「過激主義」対策戦略を適用している状況で」人権侵害が行われたと述べた。

中国は新疆ウイグル自治区での人権侵害を強く否定し、48 ページの国連報告書に対して 131 ページの回答を出した。

欧州委員会のスポークスパーソンは、「EU は中国に対し、国内法および国際法の下での人権義務を遵守するよう引き続き求めている」と付け加えた。

(Marine Strauss と John Chalmers による報告、Mark Heinrich による編集)



Source link