ウクライナ原子力発電所の近くで戦闘が続く。 IAEAオンサイト


ザポリージャ、ウクライナ (AP) — 国連の核監視機関の専門家が広大なザポリージャのサイトへの構造的損傷について懸念を表明した翌日、ウクライナ東部のロシア支配地域にあるヨーロッパ最大の原子力発電所の近くで激しい戦闘が金曜日に続いた。

英国国防省は、ザポリージャ発電所のある地域で砲撃が続いていると述べている。 ウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー大統領のオフィスは、ロシアの砲撃が、ドニエプル川の対岸にあるニコポル地域の住宅、ガスパイプライン、およびその他のインフラストラクチャーに損害を与えたと述べた。

国際原子力機関の検査官のチームは、経路に沿って銃撃と砲撃の爆風に立ち向かい、最前線を越えて木曜日にザポリージャ工場に到着し、工場を大惨事から保護することを支援しました。 木曜日の戦闘により、原子炉 1 基が停止し、彼らの任務の緊急性が強調されました。

14 人の代表団は、専門家が最前線を通過できるようにするための数か月にわたる交渉の後、SUV とバンの車列で到着しました。 IAEAのラファエル・グロッシ局長は、同僚を中に残した後、記者団に対し、IAEAは今後プラントから「移動しない」と述べ、木曜日に機関の専門家の「継続的な存在」を誓った。

グロッシ氏は、「植物と植物の物理的完全性が何度も侵害されたことは明らかだ」と述べたが、偶然か故意かを判断することはできなかった. 「状況がより安定するまで、私はプラントについて心配し続けます」と彼は言いました。

Grossi 氏は、IAEA の専門家が制御室、緊急システム、ディーゼル発電機を含むサイト全体を見学し、プラントのスタッフと会ったと語った。

工場はロシア軍に占拠されているが、6ヶ月戦争の初期からウクライナの技術者が運営している。 ウクライナは、ロシアが攻撃を開始するための盾としてそれを使用していると主張し、モスクワは、ウクライナがその地域で無謀に発砲したと非難している.

IAEA チームが到着する前に、ウクライナの国営原子力会社である Energoatom は、ロシアの迫撃砲攻撃により、緊急保護システムによって原子炉の 1 つが停止し、社内のニーズに使用されるバックアップ電源ラインが損傷したと述べました。

IAEA は金曜日遅くにウィーンの本部から記者会見を開き、ミッションについて話し合う計画を発表した。

Energoatom は金曜日、ロシア軍が IAEA の任務が現場で事実を知るのを防ぐために「あらゆる努力をしている」と非難した。 木曜日、ロシア外務省のセルゲイ・ラブロフは、ロシアは工場が安全で安全であることを確認しており、その任務は「そこでのすべての計画を達成する」と述べた。

ウクライナの他の場所では金曜日、ゼレンスキー大統領の事務所は、ロシア侵攻の重要拠点である東部ドネツク地域で最後の日に 4 人が死亡し、10 人が負傷したと述べ、幼稚園を破壊したスロビアンスクへのロケット攻撃を報告した。 南部のヘルソン地域の 2 つの地区で激しい戦闘が続いているという。



Source link