北朝鮮、新しい国連人権専門家を「偏見がある」と非難


チェ・スヒャン著

[ソウル 2日 ロイター] – 北朝鮮外務省は、国連の新たな人権専門家を「偏見がある」と批判し、孤立した体制を打倒しようとする米国主導の取り組みを北朝鮮は容認しないと述べた、と国営メディアKCNAは金曜日に報じた。 .

国連の北朝鮮人権専門家エリザベス・サーモン氏は、先月の就任以来、初めて韓国を公式訪問した。 サーモン氏は就任声明で、COVID-19 を抑制するための 2 年以上にわたる厳格な措置の後、北朝鮮の人権状況は悪化していると述べた。

KCNAは、外務省の匿名報道官の発言として、「我々は、米国の傀儡にすぎない『特別報告者』を認識せず、対処もしないという原則的な立場をすでに明確にしている」と述べた。

北朝鮮は、人権侵害の告発を繰り返し拒否し、この問題に関する国連の調査は、米国が支援する内政干渉の計画であると批判している。

「北朝鮮は、米国とその属国軍による、社会制度の転覆を目的とした北朝鮮に対する『人権』ラケットを決して許すことはない」と当局者は述べ、北朝鮮を正式名称である朝鮮民主主義人民共和国に言及した。 (北朝鮮)。

別の最近の国連報告書はまた、北朝鮮のコロナウイルス封じ込め措置が同国の人権侵害を悪化させ、情報へのアクセスに対する追加の制限、国境警備の強化、デジタル監視の強化を挙げている.

サーモンは金曜日に記者会見を開く予定だった. (崔秀郷による報告、クリストファー・カッシングによる編集)



Source link