北朝鮮は、米国の「傀儡」の権利問題で国連監視団を呼ぶ


ソウル、韓国 (AP) — 北朝鮮は、同国の人権に関する国連のトップ専門家を米国の「操り人形」と呼び、米国主導の陰謀を容認しないと警告した。政治体制。

北朝鮮は、その権利記録に対する外部からの批判に非常に敏感であり、2,600 万人の国民のほとんどが外国のニュースにほとんどアクセスできないという権威主義的な支配を中傷し、動揺させようとしていると見なしています。

その最新の反応は、北朝鮮の人権に関する国連の特別報告者であるエリザベス・サルモンが、先月の任命以来、当局者、活動家、脱北者に会うために今週初めて韓国を訪問することです。

就任声明の中で、サルモン氏は、北朝鮮の人々は、何十年にもわたる虐待に加えられた深刻なパンデミック関連の抑制のために、「新たな、より深刻な困難」に直面していると述べ、それを無視してはならないと述べた. 彼女は、北朝鮮の人権を守るために、国際的な連帯がより断固として動員されるべきだと確信していると述べた。

金曜日、北朝鮮外務省の正体不明のスポークスパーソンは、彼女の名前を直接言及することなく、国連報告者を非難する声明を発表した.

声明は、サルモンが「無知と偏った見方」を示していると非難した。 韓国訪問中に「韓国の不可侵の体制と主権を侵害する許しがたい無謀な発言」をしたと批判した。

声明はまた、ワシントンがサルモンの背後にいると非難し、「米国が(彼女の)背中に触手を深く伸ばしていることをよく知っている」と述べた。

「米国と他の敵対勢力の『人権』ラケットは、真の人権の保証とは何の関係もなく、(北朝鮮の)威厳あるイメージを傷つけるための最も政治化された敵対的手段に他ならない」と声明は述べた。

「(北朝鮮は)米国とその属国勢力の『人権』ラケットを決して許すことはありません…それは社会システムを打倒することを目的としています。」

北朝鮮の外務省は、北朝鮮の人権に関する国連特別報告者を認めたり、対処したりすることは決してないという以前の立場を繰り返した. サルモン氏の前任者は北朝鮮へのアクセスを拒否されたが、オブザーバーは、人権侵害に関するより独立した信頼できる情報を見つけようとする外部の試みに異議を唱えていると述べている。

国連のアントニオ・グテーレス事務総長は、木曜日に配布された新しい報告書で、北朝鮮は国民の権利と自由の抑圧を強化しており、国連安全保障理事会は人道に対する罪の可能性があるとして国際刑事裁判所に付託することを検討すべきであると述べた。

北朝鮮は、その核およびミサイル計画をめぐる国連制裁の複数のラウンドの下に残っています。 木曜日のハワイでの会談で、米国の国家安全保障担当補佐官ジェイク・サリバンと彼の韓国と日本のカウンターパートは、北朝鮮が弾道ミサイルと大量破壊兵器の開発を続けていることを非難した。米国の声明によると、アジアの同盟国。

___

AP通信のライターであるソウルのキム・トンヒョンと国連のエディス・M・レデラーがこのレポートに貢献した。



Source link