闘牛士の死の波は、スペインの祭りに焦点を当てる


マドリッド (AP) — 大人気の夏祭りの期間中、多くのスペインの町の通りを雄牛が突進する恐怖に満ちた興奮の叫び声は、今年、突き刺されて死亡した人の数とは対照的です。

牛追いは、スペイン全土の何千もの夏の祭りで地元の人々や観光客に愛されている光景かもしれませんが、今年の恐ろしい、記録的な8人の死亡者数は、政治家や動物の権利擁護者がこの慣習に多くの批判を寄せています.

アタンソンでは、暴れ回る動物と一緒に徒歩や馬に乗った歓楽客が最近走ったとき、死亡者や負傷者はいませんでした。 しかし先週、車で 1 時間もかからないアラルパルドで、60 歳の男性が雄牛に突かれ死亡しました。

1 週間前には、牛のイベントに常連だった 73 歳のフランス人女性が、胸を突き刺された後、東部の町 Beniarbeig で死亡しました。 バレンシアの他のフェスティバルでは 6 人の男性が殴られて死亡し、380 人以上の参加者が負傷しました。 シーズンは11月まで終わりません。

懸念にもかかわらず、当局は、どのような追加の安全対策を講じることができるかについて途方に暮れているようです。

地域の緊急事態責任者ホセ・マリア・アンヘルは、「一部の人々は雄牛への恐れを失いました。 彼は、飲み騒ぐ人にもっと用心するように促します — これは、安全性レビュー会議を開催することを第一に推奨することです.

バレンシア地方政府のアイタナ・マス副大統領は、現在の法律では「十分ではない」と言って、この種の祭りを禁止するかどうかの議論に門戸を開いたままにしている.

そのような祭りをキャンセルした村はごくわずかです。 Tavernes de la Valldigna は、動物の権利を擁護するという同社の方針に歩調を合わせることが問題であると考えています。

セルジ・ゴンザレス市長は、伝統の深い文化的ルーツを認めながらも、「私たちの決定が議論をさらに広げ、この伝統の終焉につながることを願っています」とAP通信に語った.

スペインでの公開討論は主に人命の損失に焦点を当てていますが、活動家は動物が娯楽に使用されるイベントの完全な禁止を要求しています.

動物愛護団体は特に、雄牛の角に綿球を灯したり、動物を海に押し込んだり、岸に戻したりするなど、意図的に動物に残酷であると主張するイベントに反対しています。

バレンシアの方言で「Bous al carrer」(通りの雄牛)として知られるイベントでは、雄牛や子牛が通りに放され、待っている群衆が突進を挑発しようとします。

Bous al Carrer Associations の防衛局長である Alejandro Cano は、AP に対し、死傷者は「フェスティバルの一部」であると述べ、警戒する理由はないと述べています。

一部の雄牛はマタドールと戦って殺されますが、ほとんどの雄牛は農場に戻ります。

文化省によると、昨年は約2700回の催しが行われた。 いくつかのパンデミック制限がまだ実施されているため、レギュラーシーズンと比較して金額が削減されました. 2019 年には 17,000 人でした。 今年は 11 月末までに約 9,000 人が参加する予定です。

ノーベル文学賞受賞者で小説家のアーネスト・ヘミングウェイによって不朽の名声を得たパンプローナのサン・フェルミン牛追いは、主要なイベントですが、13 年間、死者は出ていません。 安全対策、公共投資、ランナーのプロフェッショナリズムは、他の小規模なスペインのフェスティバルでは比類のないものです。

アタンソンは、パンプローナと同じように守護聖人であるサン アグスティンを祝い続けます。もう 1 年間、牛に殺されないようにと聖人に祈ります。



Source link