北朝鮮、国連の人権専門家を「米国の傀儡」と非難


北朝鮮は、国連の人権専門家が米国の「操り人形」として機能していると非難し、彼女が国のシステムについて「無謀な発言」をしたと主張した.

北朝鮮の国連代表部は金曜日、人権を改善するための米国の取り組みを「ラケット」と呼び、米国が「人権裁判官」として振る舞うのは「ばかげている」と述べた。独自の問題があります。

「米国やその他の敵対勢力の『人権』ラケットは、朝鮮民主主義人民共和国(DPRK)の威厳あるイメージを傷つけるための、最も政治化された敵対的手段にほかならない」と声明で述べた。

「つい先日、アメリカ国務省は傀儡裏切り者グループが『北朝鮮人権国際協力大使』に任命されたことを心から歓迎し、わが国の『人権』状況を悪意を持って問題視した」

北朝鮮の金正恩氏がCOVID-19と契約:国営メディア

北朝鮮の人権に関する国連特別報告者のエリザベス・サーモン氏は、先月の就任後初めて韓国を訪問し、当局者、活動家、脱北者と会談した。 彼女は金曜日に、「協力の欠如を完全に認識していた」と述べた [North Korea] 挑戦であり、疑いの余地はありません。」

平壌とモスクワ、東ウクライナ再建のために北朝鮮人労働者を派遣することに関心を表明

北朝鮮は、「いかなる『特別報告者』も認識も対処もしない」ことを「明らかにした」と主張し、ソウルでの彼女の声明を非難した。

サーモンは、北朝鮮の人権侵害の被害者に「会い、話し、学ぶ」ことを目的とした訪問の目的を概説した。

ホワイトハウスは中国の人権侵害に関する国連報告書を歓迎するが、バイデンと習近平の会談はまだ議題に上っている

サーモン氏は声明の中で、「私は任期中、被害者中心のアプローチをとるつもりです。 「過去数十年で、私たちは、人権や人道的努力の焦点を当てるべきは人権侵害の犠牲者であることを学びました.

「私たちの仕事の正当性と有効性はこれにかかっています」と彼女は付け加えた. 「これには、被害者の声を聞く機会を増やすことも含まれます」

北朝鮮は、「社会システム」の転覆を目指す米国とその「従属勢力」を「決して容赦しない」と付け加えた。

AP通信は、このレポートに貢献しました.



Source link