国連は性的暴力を非難し、生存者に正義を求める


国連 (AP) — 国連総会は金曜日、あらゆる形態の性的およびジェンダーに基づく暴力を非難する決議を採択し、すべての国に対し、被害者と生存者に正義、賠償、および援助へのアクセスを提供するよう促しました。

シエラレオネと日本が共催したこの決議は、その文言を骨抜きにしようとする4つの修正案について投票が行われた後、全会一致で採択されました。 4人全員が2対1以上の差で敗れました。

決議案を提出したシエラレオネの外務大臣、デービッド・フランシス氏は、国連世界保健機関の推定によると、世界中の女性の 35% (約 13 億人) が性暴力の被害者であるとしています。

彼は、「性的暴力の生存者のための司法へのアクセス、救済、および支援のための国際協力」と題された決議を、「性的暴力の惨劇に対処する」ための「重要な第一歩」と呼びました。

「私たちの焦点は、性的暴力をなくすための協力を強化し、被害者と生存者を支援するための国際的な対応を強化することです」とフランシスは述べました。

修正案があれば、家庭内暴力が「世界のあらゆる社会層の女性に対する暴力の最も一般的で、最も目立たない形態のままである」という重大な懸念を表明する際に、「親密なパートナーによる暴力」への言及が削除されていたでしょう。

改正のうちの 2 つは、「複数の交差する形態の差別に苦しむすべての人が直面する、性的およびジェンダーに基づく暴力の特定のリスク」を認める言及を削除していたはずです。

第 4 修正案は、健康システムを強化することを含め、女性の性と生殖に関する健康と生殖に関する権利を保護するよう各国に促す以前の総会決議から文言を削除することになります。 、緊急避妊、思春期の妊娠の予防プログラム。」

ナイジェリアが修正案を提出し、ロシア、中国、マレーシア、ニカラグアなどと同様に、多くの中東諸国が修正案を支持しました。 いくつかの国は、性と生殖に関する健康と生殖に関する権利に関する文言が中絶を許可すると主張した.

最終的に、西側諸国および他の多くの国によって圧倒的に支持された当初の決議は、変更なしで採択され、修正案の支持者が取り除こうとしたすべての文言が含まれていました.

安保理決議とは異なり、総会決議には法的拘束力はありませんが、影響力があり、世界の意見を反映しています。

チェコのヤクブ・クルハネク大使は、27カ国の欧州連合を代表して演説し、決議の採択を歓迎した. EUが性的暴力の生存者のための最初の国連タウンホールを主催してから3年後、総会は「生存者の人権に関する」決議を採択するよう求めた。

「トラウマそのものを超えて、サバイバーは、支援、正義、賠償へのアクセスにおいて、受け入れがたい障壁に直面することがあまりにも多い」とクルハネクは述べた。

残念なことに、アントニオ・グテレス事務総長が約2年前に警告したジェンダー平等と女性の権利への反発は、決議に関する交渉中に働いていたと彼は述べた。

それにもかかわらず、彼は決議がすべての国が取るべき具体的な行動を概説し、紛争関連の性的暴力と闘う必要性を認識していると述べた.

「人権を取り戻そうとするいかなる試みも受け入れられません。女性の権利は人権です。差別は​​暴力を助長します。暴力を禁止するには、あらゆる形態の差別を禁止しなければなりません。」



Source link