地中海で漂流中のレバノン人移民が救助を訴える


ベイルート (AP) — 水に浸かった漁船で地中海を漂流している何十人ものレバノン人とシリア人の移民が月曜日にヨーロッパの沿岸警備隊に彼らを救うよう懇願し、乗船していた2人の子供がすでに死亡したと述べた.

約 60 人の移民はまた、親戚やボランティア グループに、衛星電話で、過去 3 日間、食料、水、粉ミルクがないことを伝えました。 船は約 10 日前にレバノン北部のトリポリ市を出発しました。 イタリアに向かう乗客には、シリア難民と、貧しい北部の州から来たレバノン人が含まれています。

「彼らはバケツでボートに漏れた水を取り除こうとしています。彼らが持っているのはそれだけです」と、シリア人の乗客の一人の兄弟はAP通信に語った. 彼は、安全上の理由と、一部の移民が故郷の家族にニュースを開示したくないため、名前を開示しないように求めました. 「この漁船は 60 人ではなく 5 人用です。」

レバノンには、100 万人のシリア難民を含む 600 万人の人口がおり、2019 年後半以降、人口の 4 分の 3 が貧困に陥る深刻な経済メルトダウンに悩まされています。

移民は、マルタとイタリアの海岸近くで立ち往生していると伝えられています。 移民と接触している家族や活動家によると、当局は救助隊を派遣していない。 レバノン国会議員のアシュラフ・リフィ氏は、イタリア政府、レバノン外務省、ローマのレバノン大使館に行動を起こすよう要請した。

家族や、海で遭難した移民に救助隊を連れてくるのを支援する活動家ネットワークであるアラームフォンによると、マルタはまだ救助活動を承認しておらず、立ち往生している移民を救助する商用貨物船に許可を与えていません。

その間、家族は水漏れしている船がいつでも沈むのではないかと心配している。

「私が電話をかけるたびに、子供たちが叫び声を上げて泣いているのが聞こえます」と親戚は言いました. 「なぜどの政府も彼らを救うために行動を起こさなかったのか、私にはわかりません。 それは、彼らが家族のために生計を立てようとしている貧しい人々だからですか?」

かつて難民を受け入れた国であったレバノンは、ヨーロッパへの海路による危険な移住の出発点になりました。

危機が深まるにつれ、より多くのレバノン人やシリア難民、パレスチナ難民が海に出航し、治安当局はほぼ毎週、移住の試みが失敗したと報告している。

4月、レバノン海軍との衝突の後、海路でイタリアに移住しようとしていた数十人のレバノン人、シリア人、パレスチナ人を乗せたボートが、トリポリ港から5キロ以上沈没した。 この事件で数十人が死亡した。

船の沈没の状況については論争があります。 生存者は、彼らのボートがレバノン海軍によって衝突されたと言い、軍は、移民のボートが逃げようとして海軍の船と衝突したと主張している.

4 月の沈没事故は、近年レバノンにとって最大の移民の悲劇であり、レバノンが経済的に急速に落ち込み、国とその機関に対する国民の信頼が急速に崩壊しているときに、政府をさらに守勢に立たせています。



Source link