イランはウラン備蓄をさらに増やす


ウィーン (AP) — 国連の核監視機関は水曜日、イランがウランの備蓄をさらに増やし、高度に濃縮されたウランの備蓄を、兵器級レベルからわずか 1 歩離れた技術的なステップにまで引き上げたと考えていると述べた。

国際原子力機関はまた、世界の大国とのイスラム共和国の核協定を復活させる努力の障害となっている調査へのテヘランの関与の欠如に対する懸念の高まりを表明した。

秘密の四半期報告書で、IAEA は加盟国に対し、イランには核分裂性純度が最大 60% に濃縮された推定 55.6 キログラム (122.6 ポンド) のウランがあり、5 月から 12.5 キログラム増加していると考えていると語った。

純度 60% までの濃縮は、兵器級レベルの 90% から一歩離れた短い技術的ステップです。 不拡散の専門家は、イランは現在、少なくとも 1 つの核爆弾の燃料に再処理するのに十分な 60% 濃縮ウランを持っていると警告しています。

AP通信が閲覧したIAEAの報告書によると、8月21日現在、イランの全濃縮ウラン備蓄は3621.3キログラムであり、5月の最後の四半期報告から365.5キログラム増加している。

ウィーンに本拠を置く IAEA は、テヘランが昨年国連査察官に課した制限と、6 月にイランのサイトで IAEA の監視および監視機器を撤去したため、イランの濃縮ウラン備蓄の正確なサイズを確認することができなかったと述べた。

イランは長い間、その計画は平和的であると主張してきたが、当局は現在、必要に応じて原爆を開発するテヘランの能力について公然と議論している.

IAEA の評価は、核計画の抑制と引き換えにイランに対する制裁を緩和した、共同包括的行動計画として知られる 2015 年の核合意を復活させる取り組みの最中に行われた。

米国は2018年、当時のドナルド・トランプ大統領の下で一方的に協定から離脱し、イランに対する制裁を再度課したことで、テヘランは協定の条件から後退し始めた。

イランは先週、締約国がボロボロの核合意に戻るためのロードマップの最終草案をめぐる交渉で書面による回答を送ったが、米国はテヘランの提案に疑問を投げかけた。 双方とも内容について詳しく述べていない。

IAEAの報告書によると、契約が更新される場合、IAEAのカメラが6月に撤去されて以来、監視と監視が欠如しているため、この期間中のイランの活動に関する知識を再確立するための「是正措置」が必要になる.

別の報告書で、IAEA の当局者は、イランが国内の 3 つの未申告の場所で発見された人工ウラン粒子に関する機関の調査に関与していないことを「ますます懸念している」と述べた。再契約。

先週、イランの強硬派のエブラヒム・ライシ大統領は、2015年の合意を更新するためには、この問題に対するIAEAの調査を中止しなければならないと主張した.

IAEA は何年もの間、粒子に関する質問への回答をイランに求めてきました。 米国の諜報機関、西側諸国、および IAEA は、イランが 2003 年まで組織化された核兵器プログラムを実行していたと述べています。

イランは、加盟国を代表する IAEA の理事会から、6 月にサイトに関する質問に査察官が満足するような回答をしなかったとして批判された。

イランはこの問題についてIAEAとこれ以上関与しておらず、これらの粒子の存在について「信頼できる」説明を提供していないため、IAEAの最新の報告書は、IAEAは「イランの核計画が完全に平和的であるという保証を提供する立場にない」と述べています。



Source link