スーダンの部族衝突で 1 月から 8 月にかけて 380 人が死亡。 限目


カイロ (AP) — 国連は火曜日、1 月から 8 月の間にスーダンで発生した部族衝突で約 380 人が死亡したと発表しました。

国連人道問題調整事務所(OCHA)によると、同時期に430人以上が負傷し、国内18州のうち12州で224件の暴力事件が発生した。

OCHA によると、主にアラブ系と非アラブ系の部族間の衝突により、約 17 万 7,340 人が避難し、危機に見舞われた国の援助機関の業務にさらに負担がかかっています。

西ダルフール州では、76 件の事件が発生し、少なくとも 145 人が死亡し、156 人が負傷した。

セーブ・ザ・チルドレンの慈善団体によると、この集計には、今月初めに青ナイル州で部族間の戦闘が再開されたときに死亡した 2 人の子供を含む 23 人が含まれていなかった。

慈善団体によると、9 月 1 日に発生し、ロゼールの町で 4 日間続いた暴動では、子供 10 人を含む 23 人が負傷した。

スーダンは、長期にわたるいくつかの民族紛争の本拠地であり、昨年の軍事クーデター以来混乱に陥っている。 この乗っ取りは、2019 年 4 月に長年の独裁者オマール・アル・バシールの解任を余儀なくされた民衆蜂起の後、短命に終わった同国の民主主義への移行をひっくり返した。



Source link