プーチン大統領は西側を嘲笑し、ロシアはウクライナで圧力をかけるだろうと言います


モスクワ (AP) — ロシアのウラジーミル・プーチン大統領は水曜日、モスクワは目標を達成するまでウクライナでの軍事行動を推し進め、制裁でロシアを窮地に追い込もうとする西側諸国の試みを嘲笑した.

プーチン大統領は、極東の港湾都市ウラジオストクで開催された年次経済フォーラムで、ウクライナに軍隊を派遣する主な目的は、8年間の戦闘の後、ウクライナ東部の民間人を保護することだと語った。

プーチン大統領は、「軍事行動を開始したのは私たちではなく、それを終わらせようとしている」と述べ、ウクライナ軍と戦ってきたモスクワが支援するウクライナの分離主義地域を保護するために軍隊をウクライナに派遣したという彼の主張を再確認した。ロシアのクリミア併合に続いて2014年に勃発した内戦。

「私たちのすべての行動は、ドンバスに住む人々を助けることを目的としてきました。それは私たちの義務であり、最後までそれを果たします」と彼は言いました。

プーチン大統領は、ロシアが西側の制裁に直面して主権を強化したと非難し、それは侵略に近いと述べた。

プーチン大統領は、「ロシアは西側諸国による経済、金融、技術の侵略に抵抗してきた。 「私たちは何も失っていないし、何も失うことはないと確信している。最も重要な利益は主権の強化であり、それは何が起こっているかの必然的な結果だ.」

ロシアの指導者は、ロシアの経済および財政状況は安定しており、消費者物価のインフレは鈍化しており、失業率は低いままであると述べた。

「世界と国内には一定の二極化が見られますが、私はそれを前向きなことだと考えています」と彼は付け加えました。 「不必要なもの、有害なもの、私たちの前進を妨げてきたものはすべて拒否され、開発のテンポが速くなります。なぜなら、開発は主権に基づいてのみ行うことができるからです。」

プーチン大統領は、米国とその同盟国による世界支配を維持しようとする試みに直面しても、ロシアはその主権を守り続けるだろうと強調し、「世界は、自国を自称する一国の独裁に基づいてはならない」と述べた。全能またはそれ以上の代表者であり、そのポリシーはその認識された排他性に基づいています。」

彼は、ロシアの石油とガスの価格に上限を設けようとする西側諸国の試みを嘲笑し、その考えは「ばかげている」と呼び、ロシアはアジアに十分な顧客を持つだろうと述べた。 「世界市場での需要は非常に高いため、販売に問題はありません」と彼は言いました。

プーチン大統領は、「行政手段によって価格を制限しようとする試みはただの熱狂であり、まったくナンセンスだ」と付け加えた. 「それは物価の上昇につながるだけです。」

彼は、ロシアがドイツへのノードストリーム 1 ガスパイプライン経由のガス供給を停止することにより、エネルギーを武器として使用しているという EU の主張を拒否した。

プーチン大統領は、西側諸国の制裁が稼働中の最後のタービンの保守を妨げ、その停止を余儀なくさせたというロシアの主張を再確認した。

彼は、モスクワは「ボタンを押して」、ドイツ当局によって保留されているノードストリーム 2 を通じて「明日にも」ガスの供給を開始する準備ができていると繰り返した。



Source link