日米韓、北朝鮮の脅威に対する共同対応を再確認


東京 (AP) — 米国、日本、韓国の外交官は水曜日、新たな核実験の可能性を含め、北朝鮮からのあらゆる脅威に対応するために協力するという約束を再確認した。

北朝鮮問題を担当する 3 人の上級外交官も、安全保障上のパートナーシップを強化するための努力を強調した。 日本と韓国は、二国間および三国間の協力を改善する必要性を認めています。 日本と韓国の関係は、日本の朝鮮半島の植民地化をめぐる歴史的紛争によってひどく損なわれてきました。

日本の外務省のアジア大洋州局長である船越武弘氏は、三国間協力の焦点は北朝鮮とその加速する核およびミサイル開発であると述べた。

船越氏は、彼と彼の米国と韓国のカウンターパートであるソン・キムとキム・ガンは、「別の核実験を含むさらなる挑発の可能性が迫っている」中で地域の抑止力を強化するために協力する際に​​、北朝鮮に対する自国の対応について話し合うことになっている.

北朝鮮は2017年に6回目の核実験を行ったが、専門家は別の実験の準備の兆候を指摘している。

船越外相はまた、先月ハワイ沖で三国がミサイル防衛演習を行ったことを歓迎した。

米国の北朝鮮担当特使であるソン・キム氏は、3カ国は「(北朝鮮の)挑発に対応するために…あらゆる不測の事態」に備えており、地域の同盟国を保護すると述べた。

ソン・キム氏は、朝鮮半島の完全な非核化という彼らの目標は変わっていないと述べた。 「私たちは(北朝鮮と)対話を求めることに引き続きコミットしており、前提条件なしで会う準備ができている」と彼は言った。

朝鮮半島の平和と安全保障問題を担当する韓国のキム・ガン特別代表は、国連安保理決議に基づく北朝鮮に対する制裁の完全な実施を確保するためのさらなる努力を求めた。

___

AP ビデオ ジャーナリストの田中千里と翁賀遥がこのレポートに寄稿しました。



Source link