シリア北部でビル倒壊、11人死亡


ダマスカス、シリア (AP) — 水曜日にシリア北部の都市アレッポで建物が倒壊し、3 人の子供を含む少なくとも 11 人が死亡した、とシリア国営テレビが報じた。

テレビは、アレッポ南部のファルダス地区にある違法に建設された 5 階建ての建物が夕方に倒壊したと伝えました。 女性7人、子供3人、老人1人が死亡したという。

報告書はまた、2人が負傷し、近くの7つの建物も倒壊する恐れがあるため避難したと述べた。 がれきの下にさらに多くの人が埋もれる可能性がある場合に備えて、がれきの中で捜索活動が続けられていました。

国営通信社 SANA は、アレッポ市議会議長の Muid Madlaji の発言を引用し、建物は違法に建設され、基礎が脆弱であると述べた。 彼は、その地域が戦争中に大きな被害を受けたと付け加えた。

ファルダスは、2016 年 12 月に政府軍がロシアとイランの助けを借りて反政府勢力によって 4 年間支配されていた市の東部を占領するまで、反政府勢力が支配していた地域でした。

アレッポの多くの建物は、シリアの 11 年間の紛争中に完全に破壊または損傷を受けました。この紛争により、数十万人が死亡し、戦前の人口 2,300 万人の半分が避難しました。

アレッポはシリア最大の都市で、かつては商業の中心地でした。



Source link