スーダン、南東部での部族衝突で数千人が避難


カイロ (AP) — スーダン南東部の青ナイル州で今月勃発した部族衝突により、これまでに数千人が避難したと、国営通信社が木曜日に報じた。

SUNA 通信社によると、合計 21,189 人が北に逃げ、隣接するセナール州に安全を求めた。 避難民の中には295人の妊婦がいたと報告書は述べている。

戦闘は 9 月 1 日にロゼールの町で最初に勃発しました。セーブ・ザ・チルドレンは先週の日曜日に、2 人の子供を含む少なくとも 23 人が死亡したと述べました。 10 人の子供を含む 40 人以上が負傷した、とロンドンに本拠を置く慈善団​​体も述べた。

7 月には、同じ州でハウサ族とビルタ族の間で激しい戦闘が発生し、105 人が死亡、数百人が負傷し、数千人が避難した。

長期にわたって民族紛争が続くスーダンは、昨年の軍事クーデター以来混乱に陥っている。 2019 年 4 月に長年の独裁者オマール・アル・バシールが大衆蜂起によって解任された後、この乗っ取りは民主主義への短期間の移行を覆した.

火曜日、国連は青ナイル川での暴力の再燃に懸念を表明し、スーダン当局に対し、説明責任と民間人の保護を確保し、避難民の「安全な自主帰還のための助長的な環境」を作り出すよう要請した。



Source link