ミサイル技術管理レジーム (MTCR) 市場レポート 2022-2032


ReportLinker

ReportLinker

グローバルな見通し、強みと弱み、ロシアとウクライナの戦争への影響、歴史的出来事と主要国 (米国、カナダ、オーストラリア、ロシア、韓国、フランス、アルゼンチン、ブラジル、南アフリカ、日本、イラン、イスラエル、中国、インド、北韓国、エジプト)、主要企業の将来の見通しと分析。

ニューヨーク, Sept. 08, 2022 (GLOBE NEWSWIRE) — Reportlinker.com は、レポート「ミサイル技術管理レジーム (MTCR) 市場レポート 2022-2032」のリリースを発表します – www.reportlinker.com/p06318634/ ?utm_source=GNW

世界のミサイル技術管理体制 (MTCR) 市場 (COVID-19 影響分析):

Missile Technology Control Regime は、大量破壊兵器を運ぶことができる無人配送システムの拡散を阻止することを目的とした、国家の輸出ライセンス イニシアチブの調整を目指す、非公式かつ自発的な国家グループです。 MTCR の最初の創設国は、米国、カナダ、フランス、ドイツ、イタリア、日本、および英国でした。 それ以来、MTCR は合計 34 か国を含むように拡大し、それぞれが体制内で同等の地位を占めています。

Missile Technology Control Regime (MTCR) Market Report 2022-2032: このレポートは、業界とその根底にあるダイナミクスをよりよく理解したい場合、新しい収益ポケットを求めている大手企業にとって非常に貴重なものになるでしょう。 さまざまな業界に進出したい企業や、新しい地域で既存の業務を拡大したい企業に役立ちます。

MTCR は、ミサイル拡散との闘いにおいて有用なツールであることを繰り返し示してきた

ミサイル計画の中止、転換、タイムテーブルの遅延、開発費の増加、部品不足などを引き起こすことで、ミサイルの拡散を防いでいるとされてきた。 ブラジルの 2 つのシステム (Avibras の SS シリーズと Orbita の MB シリーズ) のキャンセルと、インドのミサイル開発の遅れは、具体的な勝利の例です。 以前は MTCR の標的だったイスラエルは、現在は MTCR を支持しています。 政府はまた、中国のパキスタンへの M-9 および M11 ミサイルの配達を延期し、ドイツに輸出管理を実施する法律を強化するよう圧力をかけたことでも知られている。 最終的に国がミサイル計画を作成するのを止めることはできませんが、技術の普及を制限することはできます.

MTCRメンバーシップの問題

ミサイル技術のトップ メーカーの大半は、現在、1987 年に G7 (G7) の最大の産業政府によって設立された MTCR のメンバーです。 ブラジルやインドなど、以前は MTCR に断固として反対していたいくつかの国でさえ、後に参加し、現在はその活動に深く関与しています。 ただし、イスラエルのような多くの重要なミサイル製造業者および輸出業者は、MTCR に参加していません。 イランや北朝鮮を含む他国に重要な支援を提供したとされる中国が、何年にもわたってカタール、サウジアラビア、トルコを含むさまざまな受領国にミサイル技術を移転してきたことは、特に重要であり、挑戦的です (SIPRI を参照)。武器移転データベース)は、政権の外にとどまっています。

市場調査レポートを購入する前に、どのような質問をする必要がありますか?
• ミサイル技術管理体制 (MTCR) 市場はどのように進化していますか?
• ミサイル技術管理体制 (MTCR) 市場を牽引し、抑制しているのは何ですか?
• 2022 年以降の市場全体の主な原動力は何ですか?
• 主要なミサイル技術管理体制 (MTCR) の市場は、マクロ経済のダイナミクスに広く従うでしょうか、それとも個々の国内市場が他を凌駕するでしょうか?
• これらの大手企業のミサイル技術管理体制 (MTCR) プロジェクトは何ですか?
• 現在および今後 10 年間に行われているミサイル技術管理体制 (MTCR) プロジェクトの影響は?
• ミサイル技術管理体制 (MTCR) 市場をさらに拡大するために、製品の商業化の必要性は高まっていますか?
• ミサイル技術管理体制 (MTCR) 市場はどこに向かっていますか? また、どのようにして市場の最前線に立つことができますか?

これが今日のミサイル技術管理体制 (MTCR) 市場にどのように影響するか、そして今後 10 年間でどのように影響するかを発見する必要があります。
• 277 ページのレポートには、28 の表と 100 のチャート/グラフが含まれています。
• このレポートでは、業界で収益性の高い重要な分野が強調表示されているため、今すぐターゲットを絞ることができます。
• 競合他社による重要な成功傾向、変化、収益予測を強調します。

このレポートは、ミサイル技術管理体制 (MTCR) 市場が将来どのように発展するかを今日お伝えします。 この市場は、過去 10 年間のどの時点よりも今、より重要になっています。
• ビジネスの展望と展開を含む、独自の分析をご覧いただけます。
• 定性分析 (市場のダイナミクス、原動力、機会、制約と課題を含む)、コスト構造、上昇するミサイル技術管理体制 (MTCR) 価格の影響、および最近の開発を発見します。

以下の国は、このレポートの下で検討されています
• 私たち
• カナダ
• オーストラリア
• ロシア
• 韓国
• フランス
• アルゼンチン
• ブラジル
• 南アフリカ
• 日本
• イラン
• 中国
• インド
• 北朝鮮
• エジプト

レポートには、2022 年から 2032 年までのミサイル技術制御レジーム (MTCR) 市場の一部の主要企業のプロファイルも含まれており、これらの企業の事業のこのセグメントに焦点を当てています。

主要企業と市場成長の可能性
• Aerojet Rocketdyne Holdings Inc.
• AeroVironment, Inc.
• Aselsan Elektronik Sanayi ve Ticaret AS
• Brahmos Aerospace Limited
• 中国航天科技股份有限公司 (CASIC)
• クレーン航空宇宙および電子機器
• Diehl Stiftung & Co. KG、
•DRDO
• エルビット システム
• Kongsberg Gruppen AS
• Kratos Defence& Security Solutions Inc.
• L3Harris Technologies, Inc.
• Leidos Holdings, Inc. (Leidos)
• ロッキード マーチン コーポレーション
•MBDAホールディングスSAS
• ムーグ社
• モーガン アドバンスド マテリアルズ
• ノースロップ グラマン コーポレーション
• レイセオン テクノロジーズ コーポレーション
• ラインメタル AG
•サーブAB
• Tactical Missiles Corporation JSC (KTRV)
• Textron Inc.
• ボーイング社
• ウルトラエレクトロニクス

私たちの仕事は、どの組織が最大の可能性を秘めているかを特定します。 彼らの能力、進歩、商業的展望を発見し、一歩先を行くのに役立ててください。

ミサイル技術管理レジーム (MTCR) 市場、2022 年レポートはどのように役立ちますか?

要約すると、当社の 270 ページ以上のレポートは、次の知識を提供します。
• このレポートは、米国、米国、カナダ、ロシア、韓国、フランス、アルゼンチン、ブラジル、南アフリカ、日本、イラン、中国、インド、北朝鮮、エジプトのミサイル技術管理レジーム (MTCR) に関する詳細な洞察を提供します。 、オーストラリア。
• 2022 年のミサイル技術規制レジーム (MTCR) に関与する 25 の主要企業の企業プロファイルを含む、確立された企業および市場への参入を検討している企業の見通し。

レポート全文を読む: www.reportlinker.com/p06318634/?utm_source=GNW

Reportlinkerについて
ReportLinker は、受賞歴のある市場調査ソリューションです。 Reportlinker は、最新の業界データを見つけて整理するので、必要なすべての市場調査を 1 か所で即座に入手できます。

__________________________

CONTACT: Clare: [email protected] US: (339)-368-6001 Intl: +1 339-368-6001



Source link