国連、ウクライナの子供たちがロシアに強制移住


国連は水曜日、モスクワ軍が大規模な強制移住と国外追放の一環として養子縁組のために子供たちをウクライナからロシアに移送したという信頼できる告発があると述べた。

国連人権担当事務総長補のイルゼ・ブランズ・ケリス氏は安全保障理事会で、「ロシアの占領地域、またはロシア連邦自体に保護者のいない子供が強制的に移送されたという確かな申し立てがあった」と語った。

「私たちは、ロシア当局が親の養育を受けていない子供にロシア市民権を付与するための簡素化された手続きを採用したこと、およびこれらの子供がロシアの家族による養子縁組の資格を有することを懸念している.

Brands Kehris は、ウクライナに関する安全保障理事会の会合で、ロシア軍は、占領地にいるウクライナ人が「多数の」人権侵害を伴う体系的なセキュリティチェックを受ける「ろ過」作戦も実行していると語った。

「私たちのオフィスが文書化した事例では、『フィルタリング』中に、ロシア軍と関連する武装グループが身体検査を受け、時には強制的なヌードを含み、個人的な背景、家族の絆、政治的見解、忠誠心についての詳細な尋問を行った.関係者です」と彼女は言った。

フィルタリング手順には、人々のモバイル デバイスの調査、個人の身元データの取得、写真と指紋の採取が含まれていた、と彼女は述べた。

ウクライナ政府や軍に近いと判断された一部のウクライナ人は、拷問を受け、強制的に連れ去られ、ロシアの流刑地やその他の拘留施設に送られている、と彼女は述べた。

「私たちは、女性と少女が『濾過』手順中に性的虐待の危険にさらされていることを特に懸念しています」と彼女は言いました.

ロシアのヴァシリー・ネベンジャ国連大使は、この主張を「根拠がない」と一蹴し、ウクライナ人は「犯罪政権から身を守るために」国を逃れていると述べた。

彼は、「ろ過」と呼ばれるものは、単にロシアに来る人々を登録することだと言いました。

「我々が判断できる限り、同様の手続きがポーランドや欧州連合の他の国々でウクライナ難民に対して適用されている」と彼は安全保障理事会に語った。

米国務省はこれに先立ち、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領の事務所が、ろ過プログラムと数千人のウクライナ人のロシアへの強制移住を直接管理していると述べた。

「ロシアはこれまで強制送還を組織的に行ってきた。それがクレムリンの支配下での生活を強いられた人々にもたらす恐怖と悲惨さは、いくら強調してもしすぎることはない」

「クレムリンは、彼らの支配下にあるウクライナの地域を併合するための重要な手段として、ろ過作戦を利用していると我々は評価している.」

PMH/MLM/BGS



Source link