Covid、その他の危機により人間開発が5年後退:国連報告書


木曜日に発表された国連の報告書は、主にCovid-19を含む前例のない一連の危機が人類の進歩を5年間後退させ、世界的な不確実性の波を助長したと主張している.

国連開発計画 (UNDP) は、30 年以上前に作成されて以来初めて、国の平均余命、教育レベル、生活水準の尺度である人間開発指数が 2 年間低下したことを発表しました。ストレートに、2020 年と 2021 年に。

UNDPのアヒム・シュタイナー事務局長はAFPのインタビューで、「それは、私たちがより早く死ぬこと、教育を受けられないこと、収入が減っていることを意味する」と語った。

「3つのパラメーターのすぐ下で、多くの人が絶望的で、欲求不満で、将来を心配し始めている理由を感じることができます.

人間開発指数は何十年にもわたって着実に上昇してきましたが、2020 年に滑り始め、2021 年も下落を続け、過去 5 年間の上昇を消し去ったと論文は述べています。

「不確実な時代、不安定な生活」と題された報告書は、Covid-19パンデミックが世界的な回帰の主要な推進力であると指摘しているが、政治的、金融的、気候関連の複合的な危機が許されていないと述べている.人口が回復する時期。

「私たちは以前にも災害や衝突を経験したことがあります。しかし、私たちが今直面していることの合流点は、人間開発にとって大きな後退です」とシュタイナーは言いました。

調査によると、この後退は真に世界的なものであり、世界中の 90% 以上の国に影響を与えています。

スイス、ノルウェー、アイスランドはいずれも首位を維持し、南スーダン、チャド、ニジェールは最下位となっています。

パンデミックから回復し始めた国もあれば、ラテンアメリカ、サハラ以南のアフリカ、南アジア、カリブ海諸国の多くの国では、ウクライナでの戦争という新たな危機が発生する前に、まだ危機を脱していませんでした。

– 「失われた信頼」 –

食料とエネルギーの安全保障をめぐるロシアのウクライナ侵略による影響は、今年の指標にはまだ反映されていないが、「2022 年の見通しは厳しいものであることは間違いない」と Steiner 氏は述べた。

人間開発指数の最近の低下の大きな要因は、2019 年の 73 歳から 2021 年の 71.4 歳への世界的な平均寿命の低下です。

報告書の筆頭著者であるペドロ・コンセイソン氏は、この減少を「前例のない衝撃」と表現し、米国を含むいくつかの国では2年以上減少したと指摘した.

報告書はまた、気候変動、グローバリゼーション、政治的二極化などの変革の力が、人類に「人類史上かつて見たことのない」複雑なレベルの不確実性をもたらし、不安感を高めていることについても説明しています。

「人々はお互いに信頼を失いました」とシュタイナーは言いました。

「制度のことは気にしないでください。私たちの隣人は、文字通り地域社会で言えば、世界的に言っても、私たちを麻痺させている最大の脅威になることがあります。」

シュタイナー氏は、万能薬としての成長に依存するよりも、経済の変革に焦点を当てることを好み、「前世紀の戦略を続けることはできない」と主張した。

「率直に言って、私たちが今必要としている変革には、低炭素、不平等の縮小、持続可能性の向上など、将来の指標を導入する必要があります。」

報告書は、再生可能エネルギーへの投資と将来のパンデミックへの備え、ショックを吸収するための保険、将来の危機に対処する能力を強化するためのイノベーションという 3 つの主要分野に焦点を当てることで改善が可能であると述べています。

シュタイナーはまた、最も脆弱な国への開発援助の最近の減少傾向を逆転させるよう求めた.

その道を歩み続けることは重大な過ちであり、「それが国家として協力する私たちの能力に与える影響を過小評価している」とシュタイナーは述べた。

abd/rle/des/dw



Source link