中国、報告をめぐって国連権利局との協力を避ける


ジュネーブ (AP) — 中国のトップ外交官は金曜日に、新疆ウイグル自治区西部のウイグル人や他の民族グループに対する北京の政策を批判する報告書を発表した後、中国は国連人権局に協力できないと述べた.

しかし、ジュネーブの国連機関の中国大使であるチェン・シューは、人権局と協力しないことと、国際機関全体に協力することとを区別した.

チェン氏は、先週発表された報告書は、中国の反テロリズム政策の下での一部の権利侵害が人道に対する罪に相当する可能性があると述べており、中国の政策と慣行の「根拠のない非難」を提供していると述べた。

チェン氏は国連ジュネーブ記者協会のACANUに対し、「当局と協力しながら、同時にそのような評価を下すことはできない」と述べた。 中国は報告書が「脅威を構成する」と考えており、「何事もなかったかのように協力を行う」ことはできないと彼は述べた。

国連人権高等弁務官であったミシェル・バチェレ氏のオフィスは、8 月 31 日の彼女の在職最後の日の終盤に、中国がウイグル人やその他の主にイスラム教徒の民族グループに対して重大な人権侵害を行っていると非難する報告書を発行した。 国際社会に対し、新疆の状況に「緊急の注意」を払うよう呼びかけた。

人権団体は、中国がマイノリティ グループから 100 万人以上の人々を強制収容所に送り込んだと非難している。収容所では、拷問や性的暴行を受け、自分たちの言語や宗教を放棄することを余儀なくされたと主張している。

中国は、この「評価」は西側諸国がでっち上げたでっち上げだと繰り返し主張してきた。

チェン氏は、国連安全保障理事会の5つの常任理事国のうちの1つである中国は、国際機関を国際関係の「中核」と呼び、国連全体と協力し続けると述べた。

「私たちは協力を続けます。 しかし、私が言ったように、事務局はそのような性質でそのような評価を行うことによって国連を代表することはできません」と彼は言いました.

チェン氏はまた、中国は国連が支援する人権理事会の活動に「積極的に参加」し、月曜日から始まる 4 週間の会合に参加すると述べた。

評議会は、アントニオ・グテーレス国連事務総長のオフィスに属する国連人権事務所と緊密に連携しています。 木曜日、国連総会はオーストリアのフォルカー・テュルクをバチェレの後継者に選んだ。



Source link