日本、韓国、米国の特使は、北朝鮮の核実験の恐怖の中で、安全保障関係の強化にコミットする


日本、米国、韓国の高官は、北朝鮮による潜在的な核実験の恐れの中で、国家間の安全保障関係を強化することを約束しました。

合意は水曜日に東京で行われた 三国会議 船越武宏外務省アジア大洋州事務局長主催。

この会談には、米国のソン・キム朝鮮民主主義人民共和国大使特別代表と韓国のキム・ガン朝鮮半島平和・安全保障担当特別代表も出席した。

「北朝鮮は核とミサイルの能力を継続しており、さらに加速しており、核実験を含むさらなる挑発の可能性が迫っている」 船越氏 議論が始まる前。 「同時に、我々は北朝鮮との楽しい対話に対してオープンであり続けます。」

NextShark の記事: より若い南アジア人女性は進行性の乳がんと診断されることが多い、と研究結果

日本の特使によると、北朝鮮政府は 常に歓迎 交渉のテーブルで、彼のアメリカと韓国のカウンターパートによっても支持された見解。

キム氏は、ワシントンがあらゆる不測の事態に備える準備ができていることを付け加え、次のように述べた。

日本の外務省は声明の中で、特使は北朝鮮の最近の活動について深い懸念を共有しており、北朝鮮が核実験の実施を決定した場合には「具体的な措置」を講じることを約束したと述べた。

NextShark の記事: 友人と遊んでいるときに腕を撃たれた 6 歳の少年、ミシガン州で 10,000 ドルの保釈金で容疑者を釈放

懸念は、 驚くべき数のミサイル発射 北朝鮮が今年実施したこと。

北朝鮮は、軍事活動再開後の8月に2発の巡航ミサイルを発射した。 フィールド演習 北朝鮮はこれを「戦争のリハーサル」と見なしている。

議論された別の懸念は、北朝鮮が旧冷戦同盟国であるロシアに武器を売却する可能性である。

NextShark の記事: 2 人の年配のアジア人女性が、ニューヨーク市地下鉄での別々の攻撃で頭を殴られた

三カ国会議が東京で開催されている間、北朝鮮の完全な非核化も議論されていた。 2022ソウル防衛対話 in ソウル.

54カ国の国家安全保障の専門家が出席したこのイベントのパネルは、北朝鮮の非核化のための戦いには、韓国の核抑止力を強化し、韓国と米国の間の同盟を強化し、世界的な連帯を改善する努力が必要であることを強調した。北朝鮮との「無条件対話」。

NextShark の詳細: オーストラリアのタイ人シェフが、市民権の英語テストに 15 回以上失敗したため国外追放に直面

主な画像経由 ボイス・オブ・アメリカ



Source link