気候変動のコストが上昇する中、アフリカ諸国は資金を求めている


モンバサ、ケニア (AP) — 干ばつからサイクロン、海面上昇まで、アフリカの気候変動によって引き起こされる被害のコストは、世界が温暖化するにつれて高くなり、活動家や当局者はその支払い方法について懸念を引き起こしています.

国連の世界気象機関が木曜日に発表した報告書によると、アフリカの島々や沿岸国、そしてそこに住む1億1600万人の人々は、海面上昇に大きくさらされ、2050年までに約500億ドルの損害を被るだろう.

また、気候変動によって悪化したホーンとアフリカ南部での過去 50 年間の干ばつにより、50 万人以上が命を落とし、損失額は推定 700 億ドルに上ると付け加えました。 同じ期間に 1,000 件以上の洪水が発生し、20,000 人以上の命が奪われたという。

報告書の調査結果は、地球温暖化ガスをはるかに多く大気中に排出している豊かな国が、気候交渉で「損失と損害」として知られる気候災害の費用を負担すべきだと考える多くの人々による、大陸への補償を求める新たな要求を引き起こしました。

アフリカ連合の持続可能な環境担当ディレクターであるハーセン・ニャンベ氏は、「大陸として、損失と損害の問題に対処する必要があると感じています。これは物議を醸す問題であり、先進国は深刻な財政的影響があるため恐れています。 」

「損失と損害の基金」を創設できなかったということは、アフリカ諸国が「気候変動に最も責任のある裕福な国からの頼りも補償も受けていない」ことを意味すると、今年初めに発表された慈善団体モ・イブラヒム財団の報告書は述べた。

損失と損害の交渉は、昨年の国連気候会議での難点であり、エジプトの海辺のリゾート地であるシャルム エル シェイクで開催される 11 月の COP27 として知られる気候サミットで、今年も注目を集めることが期待されています。

アフリカは、損失と損害の問題に取り組み、補償を求めるためにClimate Vulnerable Forumの下で団結したCOP27で、アジア、カリブ海、ラテンアメリカ、太平洋の他の発展途上国に加わることが期待されています。

現在ガーナが議長を務めるこのブロックは 2009 年に結成され、世界で最も気候変動の影響を受けやすい発展途上国 48 カ国を結集しています。これらの国々は合わせて 12 億人の人口を抱えていますが、世界全体の排出量の合計シェアはわずか 5% です。

「私たちの大陸は命と生計を失い、私たちの土地とコミュニティに損害を与えています」とケニアの気候活動家エリザベス・ワトゥティはAP通信に語った。

干ばつと洪水に加えて、大陸は極端な暑さ、サイクロン、砂嵐にも見舞われ、気象条件の変化と生物多様性の喪失により土地が劣化しています。

「脆弱な国には、これらの激化する気候への影響に適応するための財政的能力がなく、気候変動への資金提供は世界的な正義の問題になります」とワトゥティ氏は付け加えました。

___

AP の気候と環境に関する報道は、https://apnews.com/hub/climate-and-environment でフォローしてください。

___

Associated Press の気候と環境に関する報道は、いくつかの民間財団から支援を受けています。 AP の気候イニシアチブの詳細については、こちらをご覧ください。 AP は、すべてのコンテンツに対して単独で責任を負います。



Source link