金正恩が暗殺された場合、北朝鮮は核行動を脅かす:報告


北朝鮮は、金正恩委員長が暗殺の結果として死亡したと感じた場合、国が「自動的かつ即座に」核兵器を使用するという新しいドクトリンを採用した。

朝鮮民主主義人民共和国(DPRK)は木曜日、新しい「核戦力に関する政策」を採択した。 新しい核態勢は多くの状況に対処したが、国際当局にとって最も懸念されるのは、核戦力に対する「指揮統制」が「攻撃」のために危険にさらされた場合に何が起こるかに焦点を当てたものであった。

「国家核戦力の指揮統制システムが敵対勢力の攻撃により危険にさらされた場合、核攻撃は、挑発の開始点と、 KCNA Watchによると、運用計画は事前に決定された」と述べた。

この政策は、「国家指導部に対する核または非核攻撃」および「国家の重要な戦略目標」にも適用された。

米国は、ロシアが北朝鮮からロケット、砲弾を購入すると述べている

アントニオ・グテーレス国連事務総長のスポークスマンは、国連事務総長は、核拡散を減らすための「何十年にもわたる努力に反する」新しい政策について「深く懸念している」と述べた。

「北朝鮮は、弾道ミサイル技術を使用したミサイルの開発を含む核兵器計画を追求することにより、そのような活動を停止するという安全保障理事会の決議を無視し続けている」とスポークスマンは記者団への声明で述べた。

金正恩氏は、冬が近づくにつれて北朝鮮がCOVIDワクチン接種を開始する可能性があることを示唆している

「事務総長は、持続可能な平和と朝鮮半島の完全かつ検証可能な非核化を達成することを目的として、関係主要国との対話を再開するよう北朝鮮に呼びかける」とスポークスマンは続けた。

この新しい政策は、金正恩が何十年もかけて築き上げてきた核能力を「決して」手放したり、それらを米国との非核化のための交渉材料として使用したりしないという新たな強硬姿勢の一環として可決されたようだ。

北朝鮮、国連人権専門家を「米国の傀儡」と非難

国営メディアによると、金委員長は金曜日の声明で、この政策は外国勢力に反対する彼の国にとって「一線を画す上で大きな意味を持つ」と強調した. 彼は、「朝鮮半島の政治的および軍事的状況」が変化するまで、国の核に対する姿勢と政策は変わらないと付け加えた。

カーネギー国際平和基金のシニアフェローであるアンキット・パンダは、ポリティコに、この行動方針は「かなり予測可能」であり、「米国と韓国が斬首戦略に焦点を合わせている危険性を強調している」と語った.

韓国の尹淑烈(ユン・ソクヨル)大統領は最近、木曜日のテレビ討論会で、戦争を抑制し「世界平和を守る」ために北朝鮮への「先制攻撃」が必要かもしれないと推測していた。

尹氏は「戦争をしようとしているのではなく、それを抑制しようとしている」とし、「先制攻撃と呼ばれるキルチェーンは平和を守るためのものだ」と付け加えた。

コリア・ヘラルドによると、正義党の沈相貞(シム・サンジュン)大統領候補は「先制攻撃はそのまま戦争に向かう。宣戦布告のようなものだ」と尹氏の姿勢は危険だと主張した。



Source link