イスラエル首相は、米国とヨーロッパが新しいイラン核合意に同意しないという「有望な兆候」を見ている


イスラエルのヤイル・ラピッド首相は数カ月にわたる交渉の末、日曜、米国と欧州の同盟国がイランとの新たな核合意に同意しないという「有望な兆候」があると述べた。

ラピッド氏は、フランス、英国、ドイツに言及し、「米国に続いて、昨日、E3諸国はイランとの核協定が近い将来署名されないことを発表した」と述べた。

「イスラエルは、核合意を阻止し、イランに対する制裁解除を阻止するための外交キャンペーンを成功裏に実施している。まだ終わっていない。まだ先は長いが、有望な兆候がある」

イランは、ドナルド・トランプ前大統領が2018年に合意を撤回し、厳しい制裁を再び課した後、2015年の共同包括的行動計画の制限を超えてウラン濃縮を開始した。

議員は、権利の「重大な侵害」をめぐる国連会議のためにイラン大統領の米国への入国を拒否するようバイデンに要請します

国連の原子力機関は今週の報告書で、イランはウランを最大60%濃縮したと述べた。

「IAEA は、イランの核兵器の使用を保証する立場にない。 [program] 完全に平和的だ」と核監視機関は報告書で述べた。

イランは今月初め、テヘランとワシントンの間の交渉を何ヶ月も仲介してきた欧州連合に提案を提出したが、アントニー・ブリンケン国務長官はそれは非生産的だと述べた。

「過去数週間で、私たちはいくつかのギャップを埋めました。イランは、JCPOA自体とは関係のない、無関係な要求から遠ざかりました」とブリンケンは金曜日にベルギーのNATO本部で語った。

「しかし、最近の反応は私たちを後退させており、最終的な要件を満たさない取引に同意するつもりはありません.」

ラピッドは日曜日にドイツを訪れ、ドイツのオラフ・ショルツ首相と核合意について話し合った。



Source link