ニュージーランド首相は、女王の死後、共和制の計画はないと言います


ウェリントン、ニュージーランド (AP) — ジャシンダ アーダーン首相は月曜日、彼女の政府は、エリザベス 2 世女王の死後、ニュージーランドを共和国に変更する動きを追求しないと述べました。

アーダーン氏は、ニュージーランドは最終的に共和制になると考えており、おそらく彼女の生きている間に実現するだろうが、彼女の政府が追求すべきもっと差し迫った問題があると述べた.

彼女のコメントは、エリザベスの死後初めてニュージーランド共和国の議論について話したことを表し、彼女がこの問題について行った以前のコメントを反映しています. アーダーンは以前、国が最終的に共和制になることへの支持を表明していた.

現在の制度では、イギリスの君主がニュージーランドの元首であり、ニュージーランドでは総督によって代表されます。 総督の役割は、最近では主に儀式的なものと見なされています。

それでも、多くの人々は、ニュージーランドが共和国になるまで、植民地主義の過去の影から完全に抜け出し、真に独立した国になることはできないだろうと主張している.

「おそらく何年もの間、議論がありました」とアーダーンは言いました。 「問題はそのペースと、その議論がどれだけ広く行われているかということです。私は何度も自分の見解をはっきりさせてきました。ニュージーランドがやがてそこに向かうと信じています。私が生きている間にそれが起こる可能性が高いと信じています.

「しかし、私はそれを短期的な措置や、すぐに議題に上るものとは考えていません」とアーダーン氏は述べた.

彼女は、共和制になることは、彼女の政府がどの時点でも議論することを計画しているものではないと述べた.

アーダーン氏は「私が言うように、緊急性を感じたことがないことが主な理由です。 「私たちが直面する課題はたくさんあります。 これは大規模で重要な議論です。 私はそれがすぐに起こる、あるいはすぐに起こるべきではないと思います。」

ニュージーランドの多くの人々は、エリザベスが非常に多くの人に愛されていたことを考えると、エリザベスの死後にのみ共和国論争が勢いを増すだろうと過去に推測していました.

アーダーン氏は、2 つの出来事を結びつけていないと述べた。

アーダーン首相は月曜日、ニュージーランドがエリザベスの死を記念して9月26日を祝日にすることも発表した。国はまた、同日に首都ウェリントンで州の追悼式を行う予定だ。

アーダーンは、エリザベスは並外れた人物であり、多くのニュージーランド人が彼女の死を記念し、彼女の人生を祝う機会を喜んでいると述べた.

アーダーン首相は「70年以上にわたってニュージーランドの女王であり、愛されてきた主権者として、彼女の献身的な公務の生涯を、州の追悼式と1回限りの祝日で記念することは適切です.

アーダーン首相は、エリザベス女王の葬儀に参列するため、今週英国に向けて出発すると述べた。



Source link