フランスのマクロン大統領は、包囲された原子力発電所からロシア軍を撤退させるようプーチン大統領に要請


フランスのエマニュエル・マクロン大統領は、ウクライナ侵攻以来、ロシアのウラジミール・プーチン大統領とオープンな対話を続けてきた数少ない西側指導者の一人であり、日曜日の電話で、包囲されたザポリージャ原子力発電所から軍を撤退させるようクレムリンに促した。

ロシアとウクライナは、原発への砲撃について非難を交わしており、国連の核監視機関は、「非常に壊滅的な」結果をもたらす可能性があると警告している.

エリゼ宮の情報によると、マクロン大統領はプーチン大統領との会談でキエフ側についた。

“[Macron] ロシアの占領が今日のザポリージャ発電所の完全性に重くのしかかっているリスクの原因であることを思い出した」とフランス大統領はプーチンに語った.サイトの安全性を確保するためにフォローアップしました。」

一方、プーチン大統領は、ウクライナが工場を危険にさらしたと非難した。

「ロシア側は、壊滅的な結果に満ちた放射性廃棄物貯蔵庫を含む工場の施設に対するウクライナの定期的な攻撃に注意を喚起した」とクレムリンからの読み出しは述べた.

ウクライナの兵士がハリコフの重要な地域を奪還するにつれて、ロシア軍は撤退する

ロシア軍は戦争の初期にプラントを接収しましたが、現在もウクライナ人スタッフによって運営されています。

国際原子力機関は先週、ヨーロッパ最大のプラントを訪問し、それを保護するためにセキュリティゾーンを確立するよう求めた。

IAEAのラファエル・グロッシ事務局長は、「故意か無意識かを問わず、物理的な攻撃、つまりこの施設が受けた打撃は、私が個人的に見て、専門家と一緒に評価することができたものであり、まったく容認できない」と述べた.

IAEA は日曜日に、予備の送電線が発電所に復旧され、原子炉の冷却やその他の操作のために施設に外部からの電力が供給されるようになったと発表しました。

ウクライナの核国家機関であるエネルゴアトムは、安全上の予防措置として、日曜日に工場での操業を停止しなければならなかったと述べた。

今月初めにロシアとの対話を続けることを約束したマクロン大統領も、日曜日のプーチン大統領の侵略を非難した.

“[Macron] ウクライナでのロシアの軍事作戦の継続を非難し、できるだけ早く中止し、交渉を開始し、ウクライナの主権と領土保全を回復するよう要求したことを想起した」とプーチン大統領との電話の読み上げは述べた。

ロイターはこのレポートに貢献しました。



Source link