ライブアップデート:ウクライナにおけるロシアの戦争


日曜日に見られたザポリージャ原子力発電所。
日曜日に見られたザポリージャ原子力発電所。 (ストリンガー/AFP/ゲッティ イメージズ)

ウクライナの国営原子力企業であるエネルゴアトムの社長は、CNN に対し、ザポリージャ原子力発電所の発電所は冷却状態のままであり、発電所からの送電線の復旧作業が続けられていると語った。

Petro Kotin は Skype 経由で CNN に語り、発電所に接続されている 7 本の送電線すべてが損傷を受けており、同氏が呼ぶところの「島モード」に切り替わったと語った。

「私たちは、パワーユニットの1つがアイランドモードで動作している状態であっても、可能な限り長く動作させようとしました.3日間はうまくいきました」と彼はCNNに語った.

Kotin は、6 台の電源装置のうち 1 台だけが稼働を続けており、核物質を冷却するポンプに必要な電力を発電所に供給していると述べた。 原子炉は「核物質、燃料でいっぱいで、各発電所の原子炉の近くに6つのプールがあります。それらは常に冷却する必要があります」と彼は言いました。

「危険なのは、電源がない場合、ポンプが停止し、冷却が行われず、原子炉内の燃料が約 1 時間半から 2 時間でメルトダウンすることです」と彼は付け加えました。 .

Kotin 氏は、外部電源がない場合、ディーゼル発電機が作動する可能性があることを繰り返しました。

「追加の物資を確保するためにも最善を尽くしています。しかし、何かをそこに持ち込むのは非常に難しいことを理解しています。鉄道は損傷しているため、車両でのみ行うことができます」と彼は言いました。
「外部電源が失われた場合、選択肢は 1 つしかありません。ディーゼル発電機です」と彼は付け加えました。

コーチン氏は、国連の核監視機関である国際原子力機関(IAEA)の代表が工場に残っていると述べた。 「彼らは工場の管理者と 1 日 2 回会議を開いているので、工場の操業に関する最新情報をすべて把握しています」と彼は言いました。

発電所周辺の安全地帯に関する IAEA の提案について、コティン氏は次のように述べています。

彼は、発電所はウクライナの管理下に戻されるべきであり、発電所自体とその周辺地域は非武装化されるべきであるというウクライナ政府の方針を繰り返した。



Source link