世界は「未知の破壊の領域」に向かっている、と気候報告は述べています。 気候科学


温室効果ガスの排出量を削減し、大惨事を食い止めるために必要な行動を取らなかったため、私たちが「未知の破壊の領域」に突入したため、気候変動による最悪の被害を回避する世界の可能性は急速に減少していると、主要な科学者は述べています.

火曜日に発行された United in Science のレポートによると、近年、警告が強まっているにもかかわらず、政府と企業は十分な速さで変化していません。 その影響は世界中でますます異常気象に見られるようになり、気候システムの「転換点」を引き起こす危険にさらされています。これは、より急速で、場合によっては不可逆的な変化を意味します。

国の 3 分の 1 を水で覆ったパキスタンでの最近の洪水は、世界の広範囲に壊滅的な異常気象をもたらした最新の例です。 今年の夏の英国を含む欧州全域での熱波、中国での長引く干ばつ、米国での大規模な干ばつ、そしてアフリカの一部での飢饉に近い状態は、異常気象の蔓延を反映しています。

国連のアントニオ・グテーレス事務総長は、次のように述べています。 それらは人類の化石燃料中毒の代償です。 今年の United in Science レポートは、気候への影響が未知の破壊の領域に向かっていることを示しています。」

報告書によると、今後5年以内に世界の気温が産業革命前の水準から1.5℃以上上昇することはない可能性が高いという。 政府は、昨年11月にグラスゴーで開催された画期的な国連Cop26気候サミットで、気温を1.5Cの制限内に保つことに焦点を当てることに同意したが、排出量を削減するという彼らの約束と行動は必要なものに達していなかった、と報告書は発見した.

Cop26以降、ウクライナへの侵攻とガス価格の高騰により、一部の政府は石炭を含む化石燃料に戻るようになりました。 グテーレス氏はその危険性について警告しました。

また、世界は気候危機の影響に適応できていないことも報告書で明らかになりました。 グテーレスは、発展途上国に援助を約束したが、それを果たせなかった豊かな国を非難した。 「先進国が適応策を真剣に受け止めず、発展途上国を支援するという約束を無視したことはスキャンダルです」と彼は言いました。

裕福な国は、各国の適応を支援するために一度に年間 400 億ドル (345 億ポンド) を提供し、2030 年までにそれを年間 3,000 億ドルに増やすべきだと彼は言いました。

異常気象の影響への適応の問題、および脆弱な国々が経験している「損失と損害」は、11 月にエジプトで開催される COP27 国連気候会議での重要な問題の 1 つになる可能性があります。 地政学的な混乱がグラスゴーで達した脆弱なコンセンサスを危険にさらしているため、主要人物はその会議の見通しについて懸念しています。

Climate Action Network の事務局長である Tasneem Essop 氏は、各国政府は危機の緊急性を反映した行動計画を用意して、Cop27 に備える必要があると述べました。 「ユナイテッド・イン・サイエンスの報告書が描いた恐ろしい状況は、繰り返される気候災害に直面している何百万人もの人々にとって、すでに生きた現実です。 科学は明らかですが、貪欲な企業や豊かな国による化石燃料への依存は、現在の気候危機を引き起こすためにほとんど何もしなかったコミュニティに損失と損害をもたらしています。」

彼女は次のように付け加えました:「特に南半球ですでに気候の緊急事態を経験している人々のために、エジプトでのCop27会議は、彼らの生活を再建するのを助けるための新しい資金に同意しなければなりません。」

United in Science レポートは、世界気象機関によって調整され、国連環境計画、国連災害リスク削減局、世界気候研究計画、地球規模炭素プロジェクト、英国気象庁、都市気候変動研究ネットワークが関与しています。 .

United in Science のレポートでは、次のことがわかりました。

  • 過去 7 年間は記録上最も暑く、今後 5 年間の少なくとも 1 年間で、年平均気温が一時的に 1850 年から 1900 年の平均よりも 1.5​​ ℃高くなる可能性は 48% あります。

  • 世界の平均気温は、2022 年から 2026 年にかけて、産業革命前の水準よりも 1.1 度から 1.7 度高くなると予測されており、今後 5 年間で少なくとも 1 年は、記録された最も暑い年よりも気温が高くなる可能性が 93% あります。 2016年。

  • Covid-19 パンデミックに伴うロックダウン中の二酸化炭素排出量の落ち込みは一時的なものであり、化石燃料からの二酸化炭素排出量は昨年、パンデミック前のレベルに戻りました。

  • 温室効果ガスの排出に関する各国の公約は、地球温暖化を産業革命以前のレベルよりも 1.5​​ ℃ に抑えるには不十分です。

  • 気候関連の災害は、1 日あたり 2 億ドルの経済的損失を引き起こしています。

  • 地球のほぼ半分 (33 億から 36 億人) が、気候危機の影響を非常に受けやすい地域に住んでいますが、異常気象に対する早期警報システムを備えている国は半数未満です。

  • 地球温暖化が進むにつれて、気候システムの「転換点」を除外することはできません。 これらには、アマゾンの熱帯雨林の乾燥、氷冠の融解、メキシコ湾流として知られる大西洋の子午線反転循環の弱体化が含まれます。

  • 2050 年代までに、97 都市に住む 16 億人以上の人々が、少なくとも 35 ℃ に達する 3 か月の平均気温に定期的にさらされることになります。



Source link