預金者はレバノンの 2 つの銀行に手を差し伸べ、自分のお金を手に入れようとします


Reuters.com に無料で無制限にアクセスするには、今すぐ登録してください

  • 危機の間、レバノン人は預金から締め出された
  • 病気の妹のために現金を奪うために銀行に押しかけた女性
  • 別の銀行を強奪した後、別の武装した男が逮捕された
  • 現象は「破綻国家」レバノンの苦悩を示している

[ベイルート 14日 ロイター] – 武装した絶望的なレバノン人預金者2人が水曜日に銀行に押し入り、自分たちのお金へのアクセスを強要した。

預金者擁護団体の情報筋によると、首都ベイルートにあるBLOM銀行(BLOM.BY)の支店で、銃を持った女性と数人の従業員が一時的に人質を取り、1万3000ドル以上の現金を持って出て行ったという。

その直後、山岳都市アレイで、武装した男がバンクメッドの支店に入り、閉じ込められた貯金の一部を取り戻した後、当局に身を委ねた、とデポジターズ・アウトクライと治安筋は語った.

Reuters.com に無料で無制限にアクセスするには、今すぐ登録してください

レバノンの銀行は、3 年前に経済危機が発生して以来、ほとんどの預金者を預金から締め出し、国民の多くが基本的な支払いができなくなっています。

窮状を示す現象として、先月、男性が病気の父親を治療するための資金を引き出すためにベイルートの別の銀行に持ちこたえた後、水曜日のホールドアップが発生しました。 続きを読む

BLOM 銀行によると、顧客と共犯者が銃を持って到着し、人々に火をつけると脅し、支店長と会計担当者に金庫からお金を持ってくるよう強要した.

「これ以上失うものはない」

女性のサリ・ハフィズさんは隠れる前に、地元のニュース チャンネル Al Jadeed TV に、銃はおもちゃであり、妹のガン治療のためにお金が必要だと語った。

「これ以上失うものはありません。道の終わりに来ました」と彼女は言い、2 日前に銀行の支店長を訪ねたが、適切な解決策が得られなかったと述べた。

「妹が治療を受けられるように、腎臓を売るところまで来ました。」

BLOM は、顧客が妹の治療費を求めて入院したことを認め、彼女は完全な協力を申し出られ、書類の提出を求められたと述べた.

「私たちが持っているのは銀行にあるこのお金だけです。私の娘は妹を治療するために、このお金を受け取ることを余儀なくされました。それは彼女の権利であり、彼女の口座にあるのです」と母親のヒアム・ハフィズは地元テレビに語った.

当局は、事件について直ちにコメントしなかった。

Bankmed は、支店のホールドアップについてコメントしませんでした。

人質を巻き込んだ先月の強盗の後、容疑者は逮捕されたが、銀行が訴訟を取り下げた後、無罪で釈放された.

匿名を条件に語ったあるレバノンの上級銀行家はロイターに対し、これは憂慮すべき前例であると語った。

「これは、他の人にも同じことをするように勧めていると思う。人々がそれをやり遂げる限り、彼らは続けるだろう。なんて失敗した国家だ」と銀行家は言った。

銀行は、病院での治療を含む人道的な場合には例外を設けていると述べていますが、預金者はめったに起こらないと言います。

Reuters.com に無料で無制限にアクセスするには、今すぐ登録してください

Timour Azhari、Laila Bassam、Issam Abdallah による報告。 Maya Gebeily 著、Frank Jack Daniel、Alexandra Hudson、Andrew Cawthorne による編集。

当社の基準: Thomson Reuters Trust Principles。



Source link