国連の報告書:「現代の奴隷制」が増加しており、世界中で 5,000 万人が強制労働や結婚に従事している


新着Foxニュースの記事が聴けるようになりました!

月曜日に発表された国連の報告書によると、2021 年末には世界中で約 5,000 万人が「現代の奴隷制」で生活しており、重大な後退が進行中であることが明らかになりました。

この数字は、2017 年に強制労働または結婚していた人々に関する前回の報告から 25% 増加しました。

国連が注目する家事労働者。

国連が注目する家事労働者。
(国連)

国際労働機関のガイ・ライダー事務局長は声明で、「現代の奴隷制の状況が改善されていないことは衝撃的だ。 「この根本的な人権侵害の持続を正当化できるものは何もありません。」

ILO とパートナーは、「商業的性的搾取」などの憂慮すべき傾向を指摘しており、強制労働の対象となっている人々の 4 人に 1 人近くが影響を受けており、貧困層、女性、子供が不釣り合いに弱い立場に置かれています。

ILO は、国連の国際移住機関およびウォーク フリー財団 (現代の奴隷制に焦点を当てた権利団体) とともに、2021 年末時点で 2,800 万人が強制労働に従事し、22 人が強制結婚に従事していると報告しました。

月曜日に発表された報告書は、そのような数字は、1年前の数字に基づいて、2017年に最後のそのような報告書が発行されて以来、現代の奴隷制で生活している1,000万人の増加を示していると述べた. 増加の 3 分の 2 は、強制結婚だけに関連していると、それは述べた。

国連人権理事会、中国を「人道に対する罪」で非難

入手可能なデータに基づいて、ILO とパートナーは、アフガニスタン、バングラデシュ、コンゴ、エジプト、インド、ウガンダ、イエメンなどの国で、児童婚や強制結婚が増加していることを発見しました。 しかし報告書は、裕福な国もこの問題に「免疫がないわけではない」と述べており、ほぼ4分の1の強制結婚が高所得国または上位中所得国で行われている.

新型コロナウイルスのパンデミック、気候変動、武力紛争などの危機は、近年、極度の貧困、安全でない移住、ジェンダーに基づく暴力の増加を支えており、あらゆる形態の現代の奴隷制のリスクを高めている.

国連のウェブサイトに掲載された別の家事労働者。

国連のウェブサイトに掲載された別の家事労働者。
(国連)

全体として、すべての強制結婚の 3 分の 2 以上が世界で最も人口の多い地域であるアジア太平洋地域で発見されましたが、1,000 人中 5 人近くが強制結婚を行っているアラブ諸国で、1 人あたりの数が最も多くなっています。

報告によると、強制結婚は「長く確立された家父長制の態度と慣行」と密接に結びついており、その85%は「家族の圧力」によって引き起こされた. 強制労働に関しては、影響を受けた人々の約 8 人に 1 人が子供であり、その半数が商業的性的搾取を受けていました。

ここをクリックしてFOXニュースアプリを入手してください

労働者、企業、政府をまとめる国連労働機関のガイ・ライダー事務局長は、「総力を挙げたアプローチ」を求め、「労働組合、使用者グループ、市民社会、一般の人々は、全員が果たすべき重要な役割を担っています。」

AP通信はこのレポートに寄稿しました.



Source link