分離主義者は、ロシア占領地域で当局者を殺害したとしてキエフを非難している


[ロンドン 28日 ロイター] – ロシア軍が占領しているウクライナの3つの異なる地域への攻撃で、分離独立派の当局者は金曜日、少なくとも4人のロシア人駐在当局者が死亡し、数人が負傷したと述べた。

分離主義者は、爆弾の爆発、ミサイル攻撃、2 人殺害などの殺人事件が多発したのはキエフのせいだとし、ウクライナは、ロシアとロシアの支援を受けた軍隊が支配する地域の最前線で、テロ活動と「血なまぐさい犯罪」を繰り広げていると述べた。

ルハーンシク市では、ロシアが支援する自称ルハーンスク人民共和国 (LPR) の検事総長セルゲイ・ゴレンコとその副官エカテリーナ・ステグレンコが、ロシアが任命した LPR 管理者のレオニード・パセチニクのオフィスで爆破によって殺害された。テレグラムメッセージアプリで言った.

彼はキエフの攻撃を非難し、現在の指導者の下でウクライナを「テロ国家」と呼んだ。

ウクライナのヴォロディミル・ゼレンスキー大統領の上級顧問であるミハイロ・ポドリャク氏はツイッターで、ゴレンコとステグレンコの死は、組織犯罪の結果か、ロシアがこの地域の「戦争犯罪」の目撃者を粛清した可能性があると述べた。

ウクライナは以前、2月のロシアによる大規模な侵攻の前後に、ロシア軍に占領された町や地域でロシアが設置した行政機関のために働く「協力者」を標的にすると述べていた。

ウクライナ南部では、ロシアが設置した当局者が、2 人の地方当局者が一夜にして「二重殺人」で殺害されたと述べ、これもウクライナのせいにした。

港湾都市ベルディアンスクの行政副長官であるオレグ・ボイコと、ザポリージャ州のロシアへの加盟に関する国民投票の準備委員会を率いていた彼の妻リュドミラは、金曜、彼らのガレージで夜通し殺害されたと、市当局は述べた。

死の状況に関する詳細はなく、ロイターは報道を確認できなかった。

ザポリージャ州の占領地域にロシアが設置した政権の責任者であるエフゲニー・バリツキーは、キエフに宛てた声明の中で、加害者は「罪のない人々の血を手にした卑劣な臆病者」であると述べた。

ウクライナ南部のロシア占領下のヘルソンにある地方政府本部に対する 3 回目の攻撃は、建物の翼を破壊し、行政当局者が負傷し、少なくとも 1 人が死亡した、と分離派当局者は述べた。

攻撃に関するキエフからの即時のコメントはありませんでした。

モスクワは、「特別軍事作戦」と呼ばれるものは、ウクライナが西側の侵略のプラットフォームとして利用されるのを防ぎ、ロシア語を話す人々を守るために必要だったと述べている。 キエフとその西側同盟国は、これらの議論を、帝国式の侵略戦争の根拠のない口実として片付けている。

(ロイターによる報告、ポール・シマオによる編集)



Source link