教皇は、自衛のためにウクライナに武器を供給することは道徳的に受け入れられると言います


Reuters.com に無料で無制限にアクセスするには、今すぐ登録してください

[教皇の飛行機に乗って、9月15日ロイター] – 教皇フランシスコは15日、ウクライナがロシアの侵略から自国を防衛するのを助けるために、国がウクライナに武器を供給することは道徳的に正当であると述べた。

カザフスタンへの3日間の旅行から戻る飛行機に乗って記者団に語ったフランシスは、ウクライナ側にとって難しいので「においがする」かもしれないが、最終的な対話に開かれるようキエフに促した.

ロシアが 2 月 24 日に侵略したウクライナでの戦争は、教皇がカザフスタンを訪問する背景となり、そこで彼は世界中の宗教指導者の会議に出席した。 続きを読む

Reuters.com に無料で無制限にアクセスするには、今すぐ登録してください

45分間の空中記者会見で、ある記者は、国がウクライナに武器を送ることは道徳的に正しいかどうかを尋ねた.

「これは、道徳的な条件の下で行われるのであれば、道徳的に容認できる政治的決定です」とフランシスは言いました。

彼はローマ・カトリック教会の「公正な戦争」の原則について説明しました。この原則では、侵略国家に対する自衛のために致命的な武器を比例的に使用することができます。

「自己防衛は正当であるだけでなく、祖国への愛の表現でもあります。自分自身を守らない人、何かを守らない人はそれを愛していません。(何かを)守る人はそれを愛しています」と彼は言った.

2022 年 9 月 15 日、カザフスタンのヌルスルタンを訪問した後、ローマに戻る飛行機の機内で記者団の質問に答える教皇フランシスコ。Alessandro Di Meo/POOL via REUTERS

他の国に武器を供給することが道徳的であるか不道徳であるかの違いを説明して、フランシスは次のように述べています。

「意図がさらなる戦争を引き起こしたり、(国が)もはや必要としていない武器を売却したり廃棄したりすることである場合、それは不道徳である可能性があります。動機は、大部分がこの行動の道徳性を修飾するものです」と彼は言いました。

法王は、長引く膝の病気のために立ったままではなく、記者会見で2回目の国外訪問を行った.ロシアの活動に応じて引き分け、その後は交渉を拒否する可能性があります。

「戦争を始めた国との対話を理解することは常に困難です…難しいですが、それを破棄すべきではありません」と彼は言いました。

「侵略者との対話であっても、戦争中の勢力との対話を排除するつもりはありません。…時には、このような対話を行わなければなりません。匂いはしますが、それは行われなければなりません」と彼は言いました。

教皇はイタリア語の「puzza」(においまたは悪臭)を使用しました。これは口語的に英語の「鼻をかむ」に相当し、やりたくないことをすることを表します。

「それ(対話)は常に一歩前進であり、常に手を差し伸べています。そうでなければ、平和への唯一の合理的な扉を閉ざしてしまうからです」とフランシスは言いました。

「彼ら(侵略者)は対話を受け入れないことがあります。なんと残念なことでしょう。しかし、対話は常に行われるべきであり、少なくとも提供されるべきです。そして、これは対話を提供する人々にとって良いことです」と彼は言いました。

Reuters.com に無料で無制限にアクセスするには、今すぐ登録してください

Philip Pullellaによる報告

当社の基準: Thomson Reuters Trust Principles。



Source link