猛烈な台風が日本に上陸したため、珍しい「特別警報」が発令されました | 日本


台風ナンマドルは日曜日の夜に南西日本に上陸し、当局は何百万人もの人々に強力な嵐の強風と集中豪雨から避難するよう促した.

台風は現地時間午後 7 時頃 (BST 午前 11 時) に正式に上陸し、目のすぐ外側の領域であるアイウォールが鹿児島の近くに到達した、と気象庁 (JMA) は述べた。

時速約150マイルの突風を巻き起こし、南西九州地域の一部では、24時間以内にすでに最大500mmの雨を降らせていました。

地元当局者は、数人が負傷したと述べた。 宮崎県串間市では、体育館の窓ガラスが強風で割られ、女性がガラスの破片で軽傷を負った。 国営放送のNHKは、独自の集計を引用して、15人が負傷したと報告した.

九州の鹿児島県と宮崎県では、少なくとも 20,000 人が避難所で夜を過ごしました。気象庁は数十年に 1 度の状況を予測した場合にのみ発せられる珍しい「特別警報」を発令しました。

地元当局からの情報を収集している国営放送局NHKは、700万人以上が避難所に移動するか、嵐を乗り切るために頑丈な建物に避難するように言われたと語った。

避難警告は強制的なものではなく、当局は異常気象の前に避難所に移動するよう人々を説得するのに苦労した. 彼らは、週末を通して気象システムに関する懸念を解消しようとしました。

岸田文夫首相は暴風雨での政府会議の招集後、「危険な場所から離れ、少しでも危険を感じたら避難してください」とツイートした。

「夜の避難は危険です。 外が明るいうちに安全な場所に移動してください。」

気象庁は、この地域が強風、高潮、集中豪雨による前例のない危険に直面する可能性があると警告し、嵐を「非常に危険」と呼びました。

「嵐の影響を受けた地域では、これまでに経験したことのないような雨が降っています」と、気象監視および警報センターの責任者である加藤浩氏は日曜日に記者団に語った.

「特に地滑り警報が発令されている地域では、すでに何らかの地滑りが発生している可能性が非常に高いです。」

「普段災害が起きない地域でも最大限の警戒を」と呼びかけた。

公益事業会社は、日曜日の夕方までに、地域全体で約 200,000 世帯が停電したと述べました。 電車、飛行機、フェリーは嵐が過ぎるまでキャンセルされ、通常は終日営業しており、災害時のライフラインと見なされていた一部のコンビニエンス ストアでさえ、ドアを閉めました。

気象庁は日曜、「九州南部では、これまで経験したことのないような暴風、高波、高潮が見られる可能性がある」と述べ、人々に「可能な限りの最大限の警戒」を呼びかけた。

現場では、鹿児島県出水市の当局者は、日曜日の午後までに状況が急速に悪化していると語った。

「風が非常に強くなりました。 雨も激しく降っている」と彼は AFP に語った。 「外は完全にホワイトアウトです。 視界はほぼゼロです。」

陸地に接近するにつれてわずかに弱まった嵐は、水曜日の朝に北東に向きを変え、日本の本島を襲うと予想されています。

日本は現在、台風の季節にあり、年間 20 回のこのような暴風雨に直面しており、土砂崩れや鉄砲水を引き起こす大雨が日常的に見られます。 2019年、台風19号がラグビーワールドカップの開催地である日本に上陸し、100人以上の命が奪われました。

1年前、台風21号が大阪の関西空港を閉鎖し、14人が死亡した。 そして 2018 年には、西日本で梅雨の時期に洪水と土砂崩れが発生し、200 人以上が死亡しました。

科学者たちは、気候危機が暴風雨の激しさを増し、熱波、干ばつ、鉄砲水などの異常気象の頻度と激しさを増していると言います。



Source link