ウガンダ:さらに11人のエボラ疑い例が確認され、1歳児が死亡




CNN

ウガンダの保健省は、火曜日の時点で同国のムベンデ地区で確認されたエボラの疑いのある患者がさらに 11 人いると報告した。 これらのうち、同省は、火曜日の夜に発表された声明で、エボラ関連の可能性のある死亡を1人、1歳で記録したと述べた。

同省によると、隔離中の1歳児と10人の疑い例のサンプルがウガンダウイルス研究所で検査されているという。

これまでのところ、火曜日の夜の時点で、11人の疑わしい症例、1人の確認された症例、および6人の可能性が高いと考えられている症例が特定されています.

世界保健機関(WHO)は火曜日、ウガンダで比較的まれなスーダン株の症例が発見された後、エボラ出血熱の流行を宣言したと発表した。 その症例は、ムベンデ地区の 24 歳の男性から採取したサンプルを検査した結果、確認された。

ウガンダの保健当局は今月、この地区で 6 人の疑わしい死亡者を調査しました。

WHOによると、同国ではエボラ出血熱が4回発生し、200人以上が死亡した。 最も死亡率が高かったのは 2000 年のことです。

ウガンダはコンゴ民主共和国と国境を接しており、コンゴ民主共和国では、今年の流行に続いてエボラ出血熱が再燃しています。



Source link