フィンランドは、国境のトラフィックが増加するにつれて、ロシア人の入国を禁止することを検討しています


Reuters.com に無料で無制限にアクセスするには、今すぐ登録してください

[バーリマー(フィンランド) 22日 ロイター] – フィンランドは22日、ウラジーミル・プーチン(Vladimir Putin)大統領が部分的な軍事動員を命じたことを受けて、東の隣国からの国境を越えた交通が「激化」しているため、ほとんどのロシア人の入国を禁止することを検討していると述べた。

ロシアのウクライナ侵攻に対応して、一連の西側諸国が物理的な国境とその空域の両方をロシアの飛行機に対して閉鎖した後、フィンランドの陸上国境検問所は、ロシア人にとってヨーロッパへの数少ない入り口の1つとして残っています.

サンナ・マリン首相は木曜日、政府はフィンランドを通過する個人がもたらすリスクを評価しており、ロシアのトランジットを大幅に削減する方法を検討していると述べた。

Reuters.com に無料で無制限にアクセスするには、今すぐ登録してください

「政府の意志は非常に明確です。私たちは、ロシアからの観光(フィンランドへの)と、フィンランドを通過する乗り継ぎを停止しなければならないと考えています」とマリン氏は記者団に語った。

「昨日のニュースの後、状況を再評価する必要があると思う」と彼女は付け加え、プーチン大統領の部分的な動員命令に言及した.

ロシア大統領の発表は、戦闘年齢の一部の男性がロシアを離れることを許可されないのではないかという懸念を引き起こし、国外への片道便が急速に売り切れた. 続きを読む

フィンランドは、2 月 24 日のモスクワのウクライナ侵攻後、ロシアとの国境を開いたままにしておくことを選択したが、ビザを求めるロシア人旅行者が利用できる領事館の数を減らした。 続きを読む

国境

ロシア第 2 の都市サンクトペテルブルクから車で約 3 時間のヴァーリマー国境検問所では、現地時間午後 1 時 15 分 (GMT 10 時 15 分) 頃、3 車線の車がそれぞれ 300 ~ 400 メートル (ヤード) 伸びていた。ロイターに語った。

この交差点は、フィンランドとロシアとの 1,300 km (800 マイル) の国境にある 9 つの国境のうちの 1 つであり、欧州連合で最も長い。

「フィンランドとロシアの国境での交通量は、夜間に激化した」と、国境警備隊の国際問題責任者であるマッティ・ピトカニーティはツイートで述べた. 彼はロイターに、国境警備隊が9つの検問所で準備ができていると語った.

ロシアからの交通量は通常より多かったが、国境警備隊は声明の中で、パンデミック前の時期と比較して、ここ数日は「驚くほど」変化していないと述べた.

声明は、「不正確で誤解を招く」情報がソーシャルメディア上で広まっていると警告した.

ロイターの目撃者によると、現地時間の 17 時 30 分頃 (GMT 15 時 30 分) にも交通の流れは続き、車は 4 車線にまたがり、それぞれ約 150 メートル続いた。

ニキータという名前の 34 歳のロシア人男性は、南ヨーロッパで休暇を過ごす予定であり、ロシアに戻るかどうかはわからないとロイターに語った。

「私がそこにいるときに決定を下します」と彼は国境を越える際に言った.

国境当局者はロイターに対し、到着したかなりの数のロシア人が観光ビザで旅行していると語った。 観光客は、飛行機のチケット、ホテルの予約、友人からの招待状など、旅程を証明するビザと書類を提示する必要があります。

観光客が帰国チケットなど、帰国の計画を確実に示すことができる限り、国境警備隊は彼らが実際に帰国する予定があるかどうかを確認できないと、バーリマー国境駅の副局長であるエリアス・レインはロイターに語った.

エストニア、ラトビア、リトアニア、ポーランドなど、ロシア領と国境を接する他の EU 加盟国は、ロシアがウクライナと戦争をしている間は渡航してはならないとの理由で、月曜の深夜にロシア市民の入国を拒否し始めた。 続きを読む

バルト三国は、モスクワの軍隊の動員から逃れるロシア人に避難所を提供しない、と各国の閣僚は水曜日に述べた。 続きを読む

Pitkaniitty は、4,824 人のロシア人が水曜日に東部国境を経由してフィンランドに到着し、1 週間前の 3,133 人から増加したと述べた。

ノルウェー北部では、国境を越えるロシア人の数に変化はなかったと、警察当局者はロイター通信に語った。 ノルウェーは EU のメンバーではありません。

Reuters.com に無料で無制限にアクセスするには、今すぐ登録してください

コペンハーゲンのStine Jacobsen、ヘルシンキのEssi Lehto、グダニスクのMilla Nissi、オスロのGwladys Fouche、ビリニュスのAndrius Sytasによるレポート。 Stine Jacobsen と Gwladys Fouche による執筆、Terje Solsvik、Kim Coghill、Mark Heinrich、Catherine Evans、William Maclean による編集

当社の基準: Thomson Reuters Trust Principles。



Source link