韓国の尹淑烈(ユン・ソクヨル)大統領は、米国議会を「ばか」と侮辱するのを耳にした


韓国のユン・ソクヨル大統領は水曜日、米国議会議員を「ばか」と侮辱し、バイデン大統領が世界の公衆衛生への資金提供を承認しなければ、当惑する可能性があると発言した。

ユン氏はニューヨーク市で開催されたグローバルファンドの第7回増資会議でバイデン氏と会ったばかりだった。 そこでバイデンは、世界中でエイズ、結核、マラリアと闘う公衆衛生キャンペーンに米国から60億ドルを拠出することを約束した. 資金提供には議会の承認が必要です。

「これらのばかが議会でそれを通過させなければ、バイデンにとって非常に屈辱的なことになるでしょう」とユンは、イベントを去る際に側近のグループに話しているのを耳にしました. このやり取りの動画は、ユン氏が 5 月に就任した韓国で急速に広まりました。

尹氏とホワイトハウスの代表者は、木曜日にコメントを求められたが、すぐには返答しなかった. 韓国の野党民主党のパク・ホングン党首は、尹氏の「米国議会を傷つける汚い言葉」を「重大な外交上の失敗」と批判したと、フランス通信社は報じた。

ユンとバイデンは共に国連総会のためにニューヨークにいて、水曜日に傍観者として議論を行った.

ホワイトハウスは会談の資料で、「両首脳は、米韓同盟を強化し、朝鮮民主主義人民共和国(DPRK)がもたらす脅威に対処するための緊密な協力を確保するというコミットメントを再確認した」と述べた。 「大統領はまた、サプライチェーンの回復力、重要な技術、経済とエネルギーの安全保障、世界の健康、気候変動など、幅広い優先課題に関する現在進行中の協力についても話し合った。」

Min Joo Kim がこのレポートに貢献しました。



Source link