プーチンの核の脅威は災害のリスクを高める


プーチン大統領は、水曜日にテレビで珍しい演説を行い、ロシアの領土保全が脅かされた場合、クレムリンは「ロシアと国民を守るために、私たちが自由に使えるあらゆる手段を確実に使用するだろう。それははったりではない」と警告した。

ガブリエル・グリゴロフ | 写真 Afp | ゲッティイメージズ

ロシアのウラジーミル・プーチン大統領の西側に対する最後通牒は、核紛争のリスクを劇的に増大させると、アナリストや活動家は警告し、世界の指導者たちは、彼らが「無謀」で「無責任」な脅威と表現するものを非難している.

水曜日の珍しいテレビ演説で、プーチン大統領はウクライナでの戦争のために追加の軍隊を呼び、ロシアの領土保全が脅かされた場合、クレムリンは「ロシアと私たちの国民を守るために私たちが自由に使えるあらゆる手段を確実に使うだろう.それはブラフではありません。」

ウクライナの一連の成功に続いて、プーチンが核兵器を使用して戦争をエスカレートさせる準備ができているという脅威として広く解釈されました。

ロシアのドミトリー・メドベージェフ元大統領は木曜日、クレムリンの核保有態勢を強化し、戦略核兵器を含め、ロシアの兵器庫にあるいかなる兵器もその領土を守るために使用される可能性があると述べた。

これは、ウクライナ南部および東部地域の親モスクワ地域の指導者が、ロシアへの加盟に関する国民投票を発表したときに発生します。 投票は、ロシアが支配するルハーンシク、ドネツク、ヘルソン、ザポリージャの地域で行われる予定で、伝えられるところによると、ウクライナ領土の約 15% に相当する。

国民投票の結果は、クレムリンによって事前に決定されていたと広く信じられており、米国とその同盟国は、国民投票を「偽物」として非難するようになっています。

政治アナリストによると、クレムリンは、これら 4 つの地域に対するウクライナの軍事行動を、ロシア自体に対する攻撃と見なす可能性があるという。

プーチン大統領は、「ロシア市民は、祖国の領土保全、独立、自由が保証されることを確信することができる。あらゆる手段を駆使して、これをもう一度強調する」と述べた。

プーチン大統領の脅迫は、核紛争にエスカレートするリスクを劇的に高めます。 これは非常に危険で無責任です。

ベアトリス・フィン

ICAN事務局長

大量破壊兵器およびその他の戦略兵器プログラムの上級研究員であるアンドレイ・バクリツキーは、「これらの声明は、国家の存在そのものが脅かされているときに、ロシアが通常戦争で最初に使用することを示唆しているだけのロシアの核理論を超えています」と述べた。国連軍縮研究所。

バクリツキー氏は、「ロシアの核兵器に関して唯一の意思決定権を持っている人物からの発言であり、これは真剣に受け止めなければならないだろう」と述べ、プーチン大統領の「領土保全」への言及は、クレムリンが核兵器の吸収を計画していることを考えると判断が難しいと指摘した。ウクライナの 4 つの地域。

「これは、ロシアが核使用に訴えるということを意味するものではありません。これは、真に世界を変える決定になるでしょう」とバクリツキーは述べた。

「そして、そのような動きが望ましい結果につながるかどうかは明らかではありません。 [President] プーチン大統領…しかし、進行中の戦争の中で使用可能な条件を拡張することは、大きな賭けです」と彼は付け加えました。

「タブーの侵食」

ジョー・バイデン米大統領は、核兵器を使用するというプーチン大統領の脅迫を非難し、同盟国である国連指導者に対し、ロシアのウクライナ侵攻を拒否するよう強く求めた。

水曜日にニューヨーク市の国連本部で演説したバイデンは、クレムリンが「無謀」で「無責任」な脅迫を行っていると非難し、「核戦争に勝つことはできず、決して戦ってはならない」と述べた。

彼のコメントは、NATO事務総長イェンス・ストルテンベルグの発言を反映しており、彼は水曜日にロイターに、30カ国の西側防衛同盟は冷静を保ち、「プーチン大統領と同じような無謀で危険な核レトリックに関与しない」と語った。

ノーベル賞受賞者であり、核兵器禁止国際キャンペーンの事務局長であるベアトリス・フィンは、政治指導者に対し、核兵器禁止条約に署名し、批准することによって、すべての核兵器をなくすための努力を新たにするよう促した。

ミハイル・スヴェトロフ | 写真ゲッティイメージズ

プーチン大統領は、ウクライナとの紛争中のさまざまな時点で、ロシアの核兵器をほのめかしてきました。 それでも、西側の指導者の間では、モスクワが大量破壊兵器の配備に訴えるかどうかについて疑問を抱いている。

ウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー大統領は水曜日、ドイツのメディアに対し、世界がプーチンの核兵器使用を許すとは思わないと語った。

ノーベル賞受賞者で核兵器反対国際キャンペーンの事務局長であるベアトリス・フィン氏はCNBCに対し、プーチン大統領の「信じられないほど危険で無責任な」脅しは、核紛争にエスカレートするリスクを劇的に高めていると語った。

「核兵器を使用するという脅威は、核兵器の使用の敷居を下げる」とフィーンは電子メールで述べた。 「ロシアが核兵器を使用する可能性や、いわゆる『戦術的』核兵器の使用が人道に壊滅的な影響を与えることを議論せずに、核兵器を使用する可能性についての政治家や評論家によるその後の議論は、その使用に対するタブーを侵食している.」

フィーン氏は、国際社会に対し「あらゆる核の脅威を明確に非難する」よう求め、政治指導者に対し、核兵器禁止条約に署名し、批准することにより、すべての核兵器を廃絶するための努力を新たにするよう促した。

「戻らない」

外交政策研究所シンクタンクのフェローであるマックス・ヘスは、プーチンの核の脅威を「非常に重要な発表」と表現した.

「現在、プーチン大統領の演説による本当の脅威は、併合を計画している領土を含め、ロシア領土を守るために彼が核兵器を使用する準備ができていることだ」と彼はCNBCの「Street Signs Europe」に語った.

「これには、伝統的なドンバスであるドネツクとルハーンシク地域だけでなく、ザポリージャ州とヘルソン州のすべてが含まれます。これらの地域は依然として争われており、ロシア人がその全体を支配していません。」

「プーチン大統領の脅迫に関していまだにウクライナの支配下にある地域にとって、これが何を意味するのかはまだ語られていない」とヘス氏は付け加えた。

ロシアに対する経済戦争のエスカレーションは依然として可能である、とアナリストは言う

ブルーベイ・アセット・マネジメントの新興市場ストラテジスト、ティモシー・アッシュ氏によると、プーチン大統領がウクライナでいわゆる戦術核兵器を使用した場合、「後戻りはできず」、「交渉もできなくなる」という。

そのようなシナリオでは、プーチンは「西側諸国との関係は永遠に終わり、中国、インド、南アフリカ、BRICS、その他の非同盟世界がプーチンに背を向ける可能性が高い」とアッシュ氏は語った. BRICS の頭字語は、ブラジル、ロシア、インド、中国、南アフリカを指します。

大量破壊兵器(WMD)は「抑止力だ」とアッシュ氏は語った。 「一度使用すると、その力は実際に剥奪されます。」



Source link