ロシアのウクライナ戦争


ウクライナの占領地域のウクライナ当局者は金曜日、親ロシア勢力が脱退に関する国民投票で強制的な戦術を使用したと非難している。

ウクライナのマリウポリ市長の顧問であるペトロ・アンドリューシェンコ氏は、テレグラムで、「投票を強制する主な手段は戸別訪問です」と語った。

「委員会は、投票箱と投票用紙を持った 2 人と武装した 2 人の男性で構成されています」と彼は言いました。
「彼らはアパートや家のドアをノックし、隣人に強制的に委員会に来させます。 強制、強制、さらに強制。 実際、彼らは銃身に向かって直接「はい」または「いいえ」と言うよう提案しています。」

マリウポリ にある ドネツクウクライナの 4 つの地域の 1 つであり、程度の差こそあれロシア軍と親ロシア軍によって占領されており、ロシアが支援する指導者たちは、ウクライナと西側諸国の政府がロシア連邦加盟に関する偽の国民投票として非難した内容を保持している。

Andriushchenko は市内にいませんが、マリウポリからの情報を確実に入手するためのパイプ役を務めています。 CNN は、彼やその他の特徴を独自に検証することはできません。

「投票所は店やカフェにあります」とアンドリューシェンコは言いました。 「しかし、それらは空です。 そこには投票所などの通常の設備はありません。 マークは、武装した人々の綿密な監督の下で作られています。 これがロシアの民主主義の姿です。」

ユリー・ソボレフスキー副長官 ヘルソン 地域評議会は、CNN に対し、彼の地域で行われている努力はほとんど投票されていないと語った。

「ほとんどの人は行かないと決心している」と彼は言った。 「だからこそ、この戸別訪問のアイデアが生まれました。武装した人々があなたの家にやってくると、投票を拒否することさえ困難で危険になるからです。」

彼は、ロシアの与党である統一ロシア政党が、住民に食品パッケージを配布する一方で、離脱を求めるキャンペーンを行っていると述べた。

彼は、占領されているヘルソン市の人口は、ロシアの侵略以来半減していると述べた. 残っている人は高齢者に偏っていると彼は言った。

亡命中のウクライナの市長 メリトポール — 入っている ザポリージャ地方、そしてロシアに占領された – また、住民に投票をボイコットするよう促した。

イワン・フェドロフは電報で、参加することは「ブチャ、ボロディアンカ、マリウポリ、イジウムなどでの戦争犯罪の責任の一部を引き受けることである」と述べた.

「疑似国民投票への参加は、最悪の裏切りです」と彼は言いました。 「あなた自身、あなたの家族、すべてのウクライナ人、あなたの国!」



Source link