占領下のウクライナの 4 地域で、ロシアへの加盟に関する投票が開始されました。 ロシア・ウクライナ戦争のニュース


ロシア占領下のウクライナの 4 つの地域で住民投票が開始されたが、これはキエフによって非合法であると非難されており、モスクワがウクライナ領土の約 15% を正式に併合する道を開くものと見なされている。

2014年以来、モスクワが支援する分離主義者によって支配されている自称「独立共和国」であるルハーンシクとドネツクでの投票、およびヘルソン南部とザポリージャ州での投票は9月27日まで続く。

ロシアの通信社TASSは、4つの地域での投票プロセスは伝統的ではないだろうと報じた。

「締め切りが短く、技術的な設備が不足していることを考慮して、電子投票を実施せず、従来の紙の投票を使用することが決定された」と述べた。

当局は最初の 4 日間は戸別訪問して票を集め、投票所は住民が投票できる最終日にのみ開かれます。

2月24日にロシアが侵攻した後、ハリコフ北東部で占領していたハリコフ北東部の領土をウクライナの稲妻の反撃が奪還した後、ロシアが設置した4つの地域の指導者は火曜日に計画を突然発表した.

この結果は、併合を支持する当然の結論と見なされており、ウクライナとその同盟国は、結果を認めないことをすでに明らかにしている.

2014年のロシア侵攻後にクリミアで行われた同様の国民投票では、97%が正式な併合に賛成し、ロシア軍兵士の厳重な監視下で行われ、国際社会には認められなかった.

投票は、ウクライナでの7か月前の戦争の重大なエスカレーションと見なされています。この戦争では、数千人が殺害され、数百万人が避難しました。

「これがすべてロシアの領土であると宣言された場合、彼らはこれがロシアへの直接攻撃であると宣言できるので、何の留保もなしに戦うことができる」

国民投票は、国連や、米国のジョー・バイデン大統領やフランスのエマニュエル・マクロン大統領を含む世界の指導者、NATO、欧州連合、欧州安全保障協力機構 (OSCE) などの国際機関によって非難されています。

自称ドネツク人民共和国の地方選挙委員会のメンバーが後ろに座っている投票所のテーブルに並べられた一連の透明な投票箱。
投票は、キエフによって非合法であると非難されている国民投票で金曜日に開始される予定です。 投票が自由で公正であることを保証する外部のオブザーバーは存在しません。 [Alexander Ermochenko/Reuters]

選挙を監視する OSCE は、結果はウクライナの法律や国際基準に準拠しておらず、投票が行われている地域では戦闘が続いているため、結果には法的効力はないと述べた。

「すべて偽物」

独立したオブザーバーは存在せず、ザポリージャの投票所は厳重な監視下に置かれるだろう、と地方当局はRIA通信社に語った。

一部の住民は投票前に立ち去り続けた。 メリトポリから逃れ、報復を恐れてファーストネームのみを共有することを好んだユリアは、ウクライナが支配するザポリージャに旅行したが、両親を置き去りにした。

彼女はアルジャジーラに、彼らは30年以上前に崩壊し、ウクライナを含むソビエト連邦を懐かしむ古い世代の一員であると語った. ロシアは、1994 年のブダペスト覚書に基づいて、ウクライナのソ連崩壊後の国境を承認しました。

「私は子供たちを家に置いていました」と、占領された都市での生活について彼女は言いました。 「学校では彼らにプレッシャーがかかりすぎた。 ウクライナ語を話せば罰せられる。 国民投票の後、人々は出入りするために特別な許可が必要になるので、私は家に帰ることができないのではないかと心配しています.

タス通信によると、プーチン大統領が侵攻直前に独立を認めていた自称共和国であるドネツクとルハーンシク東部地域では、「ロシアへの共和国の参入」を支持するかどうか、住民が回答しなければならない。

ヘルソンとザポリージャでの投票に関する質問は、別の言い方で表現されます。

「これはすべて偽物です。 2017年から2019年までウクライナ交渉の米国特別代表を務め、現在は欧州政策分析センターのフェローであるカート・フォルカー氏は、アルジャジーラにこう語った。 「これが現場の状況に影響を与えることはないと思いますし、領土を回復して奪還するというウクライナの決意を変えることはないと思います。 また、ウクライナがロシアの侵略から自衛するのを助けるという西側諸国の決意を損なうこともないだろう。」

軍用車両が、次のような看板のある通りを走っています。 "ロシアと共に永遠に、9月27日"、ルハーンシクでの国民投票に先立って
金曜日から火曜日まで続く投票を前に、ルハーンシクの通りの看板には「9月27日、ロシアと共に永遠に」と書かれている。 [File: AP Photo]

ウクライナは、国民投票はロシアの強さではなく弱さの兆候であると述べてきた。

ロシアは、ルハーンシクとヘルソンの大部分、ザポリージャの約 80%、ドネツクのわずか 60% を支配しています。

国民投票が発表された翌日、プーチン大統領は、ウクライナのロシア軍を強化するために予備兵の動員を命じ、ロシア領土への攻撃をかわすために核兵器を使用する用意があると宣言した.

ウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー大統領は、「ロシアの指導者が下すいかなる決定も、ウクライナにとって何も変わらない」と述べた。

「私たちが興味を持っているのは、私たちの前にあるタスクです。 これは我が国の解放であり、国民を守り、世界の支援を動員することです [public opinion] それらのタスクを実行するために。」



Source link