英国のミニ予算は、不況が襲うにつれて税金を削減し、多額の借入を行う


クワシ・クワルテング財務相は、歳出を増やすと同時に50年間で最大の減税を発表し、政府は「成長に焦点を当てた、新しい時代に向けた新しいアプローチ」を必要としていると述べた。

所得税の最高税率を 45% から 40% に引き下げること、住宅購入にかかる関税の引き下げ、計画されていた事業税の引き上げの中止を含む抜本的な減税により、450 億ポンド (500 億ドル) の損失が発生します。英国財務省によると、今後5年間の政府歳入。

財政研究所所長のポール・ジョンソンは、 独立したシンクタンクは、政府の計画を「異常」と呼んだ。

「この規模の減税が発表されてから半世紀が経ちました。 つぶやき.

クワルテンが 1985 年以来の最低水準を発表した後、金曜日にポンドはほぼ 2.6% 下落して 1.097 ドルになりました。英国国債も急落しました。 ベンチマークとなる 10 年債の利回りは、反対の価格で動き、3.7% を超えました。 1%以下で年初来ました。

2022 年 9 月 6 日、英国ロンドンのダウニング街 10 番地の外を歩くクワシ クワーテン財務大臣。
減税と同時に、クワルテング氏は、政府は今後 6 か月間だけで何百万もの世帯や企業に 600 億ポンド (670 億ドル) の費用をかけてエネルギー料金を補助することを推し進めると述べました。石油・ガス会社の棚ぼた利益。

この措置は、イングランド銀行が同国はすでに景気後退に陥っている可能性が高いと警告した翌日に行われた。 何百万人もの人々の深刻な生活費の危機を引き起こしている10%のインフレを抑えるために、昨年12月以来7回目の金利の引き上げを行った。

「資金不足の景品」

政府による多額の追加借入れのニュースにより、投資家はすでに、同国が手段を超えて支出していることを懸念していました。 IFS は水曜日の報告書で、政府の借り入れが「持続不可能な道」を進んでいると警告した。

ドイツ銀行の外国為替調査のグローバル責任者であるジョージ・サラベロス氏は、金曜日の調査ノートで、英国の「非常に大規模で資金のない減税やその他の財政支援」が同国の経済に対する懸念を増大させていると述べた。

「英国の当面の課題は低成長ではない」とサラベロス氏は述べた。 「発表されたばかりの大規模な財政支出は、短期的には成長を少し押し上げるかもしれない。しかし、より大きな問題は、誰がその費用を負担するのかということだ」 彼が追加した。

政府の上級大臣であるサイモン・クラークは、金曜日の早い段階で、リズ・トラス新首相が英国経済で大きな賭けに出ているという示唆を否定しました。

「1980 年代と 1990 年代の証拠は、ダイナミックな低税制経済が最高の成長率をもたらすということです。これはギャンブルではありません。歴史と証拠の重みは私たちにかかっています」と彼は BBC に語った。

イングランド銀行によると、多額のエネルギー補助金は、この冬にさらに上昇するのではなく、インフレが来月 11% でピークに達することを意味します。 しかし、投資家は追加の政府支出がインフレを高水準に維持することを懸念しています。 また、ポンド安は輸入コストを押し上げ、事態を悪化させるだけだ。

野党労働党は、政府がエネルギー企業の棚ぼた利益に課税するのではなく、借り入れを増やす計画を批判した。

「私たちが話している間、石油とガスの巨人は会議室で首相に乾杯しますが、働く人々は請求書を受け取るために残されています – ちょうど金利が上昇するのに必要以上に高い借入れです」代弁者。

クワルテング氏はまた、過度のリスクテイクを抑止するために世界金融危機後に導入された、銀行家のボーナスを年収の 2 倍に制限する上限を廃止すると発表した。 彼は、グローバル銀行に英国への投資を奨励したいと述べました。

レイバーズ・リーブスは、この計画は「富裕層に報いる」ものであり、「トリクルダウン」への回帰を表していると述べた。 [economics] 過去の。”

マーク・トンプソン、ジュリア・ホロウィッツ、エイミー・キャシディがレポートに貢献しました。





Source link