ウクライナ、イランとの関係を断つ


[ロイター] – ウクライナは金曜日、イランとの外交関係を格下げし、ロシア軍に無人偵察機を供給するというテヘランの「非友好的な」決定と呼ばれるものについて、大使の資格を剥奪すると述べた。

その日の早い段階で、ウクライナは、イラン製の「カミカゼ」無人航空機4機を撃墜したと発表し、テヘランがウクライナの主権とその市民を傷つけていると不平を言うようになった。

ウクライナと米国は、イランがロシアにドローンを供給していると非難しているが、テヘランはこれを否定している。

「対ウクライナ戦争のためにロシアに武器を供給することは、ウクライナとイランの関係に深刻な打撃を与える非友好的な行為だ」と外務省のウェブサイトに掲載された声明で述べた。

「このような非友好的な行為に対応して、ウクライナ側はイラン大使の資格を剥奪し、キエフのイラン大使館の外交スタッフの数を大幅に削減することを決定した」

常駐大使のマヌーシェール・モラディは現在ウクライナにいないため、このメッセージは代理大使に手渡された。

ウクライナ南部の軍事当局は声明の中で、オデッサ港近くの海上で Shahed-136 無人航空機を撃墜したと述べた。

軍事専門家は、無人偵察機はロシアにとって、偵察と、適切な標的の位置を突き止めて交戦するための時間を待つことができる徘徊弾薬の両方に役立つだろうと述べています。

(David Ljunggrenによる報告、Mark PotterとAlistair Bellによる編集)



Source link