レバノンからのボートがシリア沖で沈没、少なくとも77人の移民が死亡


レバノンで乗ったボートがシリア沖で沈没したとき、少なくとも77人の移民が溺死した、とシリアの保健大臣は金曜日に言った。

2019年以来、世界銀行によって現代で最悪の国の1つとして烙印を押された金融危機に陥っているレバノンは、不法移民の出発点となり、自国の市民が故郷を離れることを叫んでいるシリアとパレスチナの難民に加わりました。

主にレバノン人とシリア人である約150人が、木曜日にシリアの都市タルトゥス沖で下った小さなボートに乗っていました。

「77人が死亡した」と、シリアのハッサン・アル・ガバシュ保健相は、タルトゥスのアル・バーゼル病院から国営テレビに語った。彼は、重体の8人を含む20人の生存者が治療を受けていると述べた。

救助された人のうち、5 人はレバノン人だった、とレバノンの暫定運輸大臣 Ali Hamie は AFP に語った。

タルトゥスはシリアの主要港の最南端にあり、移民が乗り込んだレバノン北部の港湾都市トリポリの北約 50 キロに位置しています。

生存者の捜索が続く中、シリア運輸省の職員であるスレイマン・カリル氏はAFPに対し、「私たちはこれまでで最大の救援活動の1つに取り組んでいる」と語った。

「私たちはシリア沿岸全体に広がる広い地域をカバーしています」と彼は言い、高波が彼らの努力を妨げていたと付け加えた.

シリア当局によると、ロシアの船が捜索活動を支援していた。

シリア・アラブ赤新月社のラナ・メルヒ氏は、身元が確認された遺体は国境検問所に移送され、レバノン赤十字社に引き渡されると述べた。

「犠牲者の親族の何人かはレバノンから来て、死者の身元を確認した」と、タルトゥスの保健当局者アフメド・アマーは語った。

ボートのレバノン人の乗客の多くは、トリポリを含む北部の貧しい地域の出身です。

「これらの人々には、大切な家族がいて、達成したい夢があったことを忘れないでください」と、欧州難民・亡命評議会は述べています。 金曜日にツイートした.

市は不法移民の中心地として浮上しており、ほとんどの移民船がその海岸から出航しています。

生存者の中には、病院で治療を受けていたトリポリ在住のウィサム・アル・タラウィがいたと、弟のアフマドはAFPに語った。

しかし、5歳と9歳のウィサムの2人の娘の死体はレバノンに戻され、金曜日の早朝に埋葬された、とアフマドは言った。

「彼らは2日前に出発した」と彼は付け加えた。

「(私の兄は)日々の生活費や子供たちを学校に入学させる費用を支払う余裕がありませんでした」と彼は言い、ウィサムの妻と2人の息子がいまだに行方不明であると付け加えた.

シリア・アラブ赤新月社はフェイスブックのページに、袋に包まれた死体を運ぶボランティアの画像を公開した。 別のビデオでは、ボランティアが生命のない死体を浜辺に引き寄せている様子が映っている。

タルトゥースの海岸沿いで生存者を探している他の救助者が描かれました。

من الاستجابة المتواصلة لحادثة #غرق مركب مقابل #أرواد، حيث يتواجد متطوعو #الهلال_الأحمر_العربي_السوري عند شاطئ #طرطوس منذ أمس الخميس، لإسعاف الناجين، ونقل #جثث الضحايا، مع استمرار عمليات البحث.

投稿者 Syrian Arab Red Crescent – الالال الأحمر العربي السوري 投稿日: 2022 年 9 月 23 日 (金曜日)

レバノンとシリアの間の有田国境検問所では、数十人が死体の到着を待っていた。

その中には、死者や行方不明者がいるトリポリ北部のナール・アル・バレドにあるパレスチナ難民キャンプの住民も含まれていた。

「私は老人ですが、海で死ぬ機会があれば、この国で屈辱的な生活を送るよりも、そうしたいです」.

2020年以来、レバノンでは、海岸を利用して、満員のボートで危険な横断を試みてヨーロッパに到達しようとする移民の数が急増しています。

4月、レバノン海軍がトリポリ北部沖で追跡した過密状態の移民船が沈没し、数十人が死亡し、国内で怒りを引き起こした。

その事件の正確な状況はまだ不明であり、乗組員の中には海軍が彼らの船に衝突したと主張する人もいれば、当局者は密輸業者が逃げるために無謀な入札をしたと主張した.

死体の多くは回収されませんでした。

9 月 13 日、トルコの沿岸警備隊は、2 人の赤ちゃんを含む 6 人の移民の死亡を発表し、南西部ムーラ県沖でヨーロッパに行こうとしていた 73 人を救出しました。

彼らは、イタリアに到達するためにレバノンのトリポリから搭乗したと伝えられています。

レバノンから出航する船のほとんどは、西に約 175 キロ離れた EU 加盟国のキプロスに向かいます。

国際移住機関 (IOM) によると、2014 年以降、地中海地域では 24,000 人以上の移民が行方不明になっていると報告されています。このグループは、中央地中海は「世界で最も致命的な移住経路」であり、17,000 人以上が死亡し、 2014年以降に記録された失踪。





Source link