スーパー台風カーディング:ノルが接近する中、フィリピンは緊急警報を発している


スーパー台風カーディングとして地元で知られているこの嵐は、フィリピンの日曜日の現地時間の早朝に突然激化し、スーパー台風の状態に達しました。

国家災害リスク軽減管理評議会は、「マニラ首都圏、ルソン島中部、カラバルソン、ミマロパ、ビコル地域で、最高の緊急事態への備えと対応のプロトコルが発動された」と述べた。

強風が今後18時間以内に襲うと予想されていることを付け加え、注意を払うよう国民に呼びかけた。

フィリピン大気地球物理天文局 (PAGASA) は、毎時テレビのライブ速報で、台風は夕方にケソン北部またはオーロラ南部に上陸すると予想されています。

午後にポリロ諸島に上陸する可能性を排除しないと述べた。

モンテンルパ市とオーロラ市を含む複数の都市の学校は、嵐が近づいているため、9 月 26 日月曜日の授業を中断しました。

スーパー台風Noruの予想進路。

CNN Weather によると、Noru には現在、カテゴリー 5 の米国のハリケーンに匹敵する風が吹いています。

今後 24 時間で大波や高潮、集中豪雨、風速 200 キロ (124 マイル) を超える風がルソン島にもたらされると予想されています。

PAGASA は、嵐によって引き起こされる可能性のある大規模な被害を見越して、ポリロ諸島に信号警告レベル 4 を発行しました。

警告は、日曜日の早い時間に嵐が急速に激化した後に出されます。

NASA が発表した土曜日の衛星画像は、フィリピンに接近している台風 Noru を示しています。

共同台風警報センターは、時速 140 キロ (85 マイル) の台風から、わずか 6 時間で時速 250 キロ (155 マイル) のスーパー台風へと強まったと発表しました。

PAGASA はまた、マニラ首都圏を含むルソン島の多くにレベル 2 と 3 の警告を発しました。

熱帯暴風雨タラス、日本で 2 人死亡

一方、日本の当局は日曜日、熱帯暴風雨タラスによる土砂崩れで 2 人が死亡したと発表した。

静岡県によると、車が川に転落し、1人が行方不明になっている。

2022 年 9 月 24 日、日本の静岡県島田市で熱帯暴風雨タラスによって流された木材とがれき。

気象庁によると、静岡市駿河区で記録的な416.5ミリ(16インチ以上)の降水量を記録するなど、県は記録上最も多い日雨量を記録した。

豪雨で県は120万世帯(約300万人)に避難を呼びかけた。

県内の1,000軒以上の家屋と多数の道路が浸水し、複数の橋が崩壊したと付け加えた。



Source link