ハリス米大統領訪米前に北朝鮮が弾道ミサイル発射


Reuters.com に無料で無制限にアクセスするには、今すぐ登録してください

[ソウル 25日 ロイター] – 北朝鮮は25日、韓国と米軍による空母による軍事演習や、カマラ米副大統領の同地域訪問に先立ち、東海岸沖に向けて弾道ミサイルを発射した。ハリス。

韓国軍は、現地時間午前7時前に平壌北道のテチョン地域付近から発射された単一の短距離弾道ミサイルであり、高度60km、速度マッハで約600km(373マイル)飛行したと述べた。 5.

韓国の合同参謀本部は声明で、「北朝鮮による弾道ミサイルの発射は、朝鮮半島と国際社会の平和と安全を脅かす重大な挑発行為だ。

Reuters.com に無料で無制限にアクセスするには、今すぐ登録してください

打ち上げ後、キム・スンギョム統合参謀本部議長と在韓米軍司令官ポール・ラカメラは状況について話し合い、北朝鮮からのあらゆる脅威や挑発に対応する用意があることを再確認した、と付け加えた。

韓国の国家安全保障会議は、対応策を議論するために緊急会議を開催し、発射を国連安保理決議の明らかな違反であり、不当な挑発行為であると非難した。

大統領府によると、韓国の尹淑烈(ユン・ソクヨル)大統領は、英国、米国、カナダを訪問し、土曜日遅くにソウルに到着した。

日本の浜田防衛相は、日本はミサイルが最大高度50kmに達し、不規則な軌道で飛行した可能性があると推定したと述べた。 浜田氏によると、それは日本の排他的経済水域の外にあり、船舶や航空交通に問題は報告されていません。

専門家によると、北朝鮮が近年テストした短距離ミサイルの多くは、飛行中に操縦し、より低い「くぼんだ」軌道で飛行することにより、ミサイル防御を回避するように設計されている.

「巡航ミサイルの発射を含めると、これは19回目の発射であり、前例のないペースです」と浜田は言いました。

「北朝鮮の行動は、わが国、地域、国際社会の平和と安全に対する脅威であり、ウクライナ侵略が展開する中でこれを行うことは許されません」と彼は述べ、日本は北朝鮮大使館を通じて抗議したと付け加えた北京。

2022 年 9 月 8 日、北朝鮮の朝鮮中央通信 (KCNA) が公開したこの写真では、北朝鮮の指導者キム・ジョンウンが、北朝鮮の平壌で、核兵器政策を正式に制定する法律を可決した最高人民会議で演説している。 )。 ロイター経由のKCNA

米国インド太平洋軍は、発射後に発表された声明の中で、発射を認識しており、同盟国と緊密に協議していると述べ、韓国と日本の防衛に対する米国のコミットメントを再確認した.

「この出来事は、米国の人員や領土、または同盟国に差し迫った脅威をもたらさないと判断しましたが、ミサイル発射は、北朝鮮の違法な大量破壊兵器と弾道ミサイル計画の不安定な影響を浮き彫りにします。」

ジョイントドリル

打ち上げは、9月26日から29日までの4日間、韓国軍との共同訓練に参加するために、米国の原子力空母USSロナルド・レーガンが韓国に到着した後に行われ、今週予定されているソウルへの訪問に先立って行われる。ハリス。 続きを読む

北朝鮮が6月初旬に短距離弾道ミサイルを1日に8発発射した後、このような発射を行ったのは初めてであり、これにより米国は国連安保理決議に違反したとして追加の制裁を要求するようになりました。

北朝鮮は、自衛と宇宙探査に対する主権を侵害するものとして国連決議を拒否し、敵対的政策の証拠として米国と韓国による以前の合同演習を批判している。

訓練はロシアと中国からも批判されており、ロシアと中国は、地域の緊張を高める措置をとらないようあらゆる方面に呼びかけ、制裁の緩和を求めている。

北朝鮮が今年、2017年以来初めての大陸間弾道ミサイルを含め、前例のない数のミサイル実験を実施した後、米国と韓国は、北朝鮮を抑止するための共同訓練と軍事力の誇示を強化すると述べた。

ソウルの梨花大学の国際問題教授であるレイフ・エリック・イーズリーは、「防衛演習は北朝鮮のミサイル実験を阻止するつもりはない。

しかし、米韓の安全保障協力は、北朝鮮の攻撃を抑止し、平壌の強制に対抗するのに役立ち、同盟国は、同盟を維持するために必要な軍事訓練や交流の実施を挑発によって止めさせてはならない、と彼は付け加えた。

韓国の聯合通信は土曜日、北朝鮮が潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)の実験を準備している可能性があると、韓国軍の発言を引用して報じた。 続きを読む

Reuters.com に無料で無制限にアクセスするには、今すぐ登録してください

ジフン・リーによる報告。 ジョシュ・スミスとティム・ケリーによる追加報告。 Daniel Wallis と Himani Sarkar による編集

当社の基準: Thomson Reuters Trust Principles。



Source link