ラブロフは、ロシアに併合されたすべての領土を「完全に保護する」ことを約束します


Reuters.com に無料で無制限にアクセスするには、今すぐ登録してください

[国連 9月24日 ロイター] – ロシアのトップ外交官は土曜日、広く批判されている国民投票が行われているウクライナの地域は、ロシアが併合した場合、ロシアの「完全な保護」下にあると述べた。核兵器を使用することさえあります。

セルゲイ・ラブロフ外相は、ニューヨークの国連総会と世界のメディアに演説し、2月にロシアが隣国に侵攻したことを正当化しようとし、キエフで選出された政府は不法に設置され、ネオナチでいっぱいでロシア人を抑圧したというモスクワの虚偽の主張を繰り返した.国の東部のスピーカー。

ロシアは金曜日に、武力で奪った領土を併合することを目的として、ウクライナ東部の 4 つの地域で国民投票を開始した。 キエフは、住民は投票を強要され、4日間の投票の間、地域を離れることは許されなかったと述べた.西側諸国は、7か月前の戦争のエスカレーションを正当化するための偽物として、投票を却下した.

Reuters.com に無料で無制限にアクセスするには、今すぐ登録してください

「これらの国民投票に続いて、ロシアはもちろん、ネオナチ政権の虐待に長年苦しんできた人々の意志の表明を尊重するだろう」と、ラブロフは議会で演説した後の記者会見で語った

ロシアがウクライナの併合地域を防衛するために核兵器を使用する理由があるかどうか尋ねられたラブロフは、ロシアの領土は、ロシアの憲法で将来「さらに安置される」領土を含め、「国家の完全な保護下にある」と述べた。

「ロシア連邦のすべての法律、教義、概念、戦略は、その領土全体に適用される」と彼は述べ、特に核兵器の使用に関するロシアの教義にも言及した.

このコメントは、ロシアのウラジミール・プーチン大統領の同盟者であるドミトリー・メドベージェフ前大統領が木曜日に、戦略核兵器を含むモスクワの兵器庫にある武器は、ロシアに編入された領土を守るために使用される可能性があるという明確な警告の後に来ました。

ウクライナのドミトロ・クレバ外相は、ラブロフのコメントと、核兵器の使用についてはったりしていないと述べたプーチンの以前の発言は、「無責任」であり、「絶対に受け入れられない」と述べた。

「ウクライナは屈服しない。私たちはすべての核保有国に今すぐ声を上げ、そのようなレトリックが世界を危険にさらし、容認されないことをロシアに明確にするよう求める」とクレバはツイッターに書いた。

ロシアは、ウクライナの自衛を支援するために武器を送っているため、米国やその他の国が紛争の当事者であると非難しています。 ウクライナ領土の併合の可能性は、これらの地域での西側兵器の使用にロシアがどのように対応するかという問題を提起する.

ウクライナはまた、国民投票に関する緊急の国連安保理会議を要請し、「国連憲章に違反して、ウクライナの国際的に認められた国境を変更しようとするさらなる試みについて、ロシアに責任を負わせる」よう求めた、と外務省のスポークスマン、オレグ・ニコレンコはツイッターで述べた。

動員

水曜日のプーチン大統領は、第二次世界大戦以来、同国の最初の動員を命じた。この発表により、一部のロシア人男性が国境に急いで向かい、フィンランドとグルジアとの国境検問所での交通量が急増し、モスクワからの航空券の価格が急上昇した. 続きを読む

土曜日になぜこれほど多くのロシア人が国を離れているのかと尋ねられたとき、ラブロフは移動の自由の権利を指摘した。

プーチン大統領は、ソ連崩壊後の米国主導のNATO同盟の拡大がロシアにとって脅威であると訴え、本格的な侵攻を開始した。

ロシアがNATOの侵略と呼んでいるものについてより安全だと感じさせるために、米国との将来の交渉を予見できるかどうか尋ねられたラブロフは、以前の議論を打ち破ったのは西側であると述べた。 米国のアントニー・ブリンケン国務長官は、侵攻の前夜に会談を打ち切り、ウクライナ国境でのロシア軍の移動は「外交の完全な拒否」であると述べた。

「私たちは連絡を断っているわけではありません。そして、その旨の提案が来たら、同意します。私たちのパートナーが静かに会いたいので、誰もそれを知らないのであれば、それは問題ありません。話さないよりは話す方が常に良いからです。」言った。 「しかし、現在の状況では、ロシアが最初の一歩を踏み出すことは全くありません。」

ラブロフは、ウクライナでのロシアの戦争への反対をワシントンとその影響下にある国に限定したものとして描写しようとした. ロシアは、3月に総会のほぼ4分の3がモスクワを懲戒することに投票して以来、国際的な孤立を克服しようとしてきた。

ロシアの戦略的パートナーである中国は、ロシアに対する西側諸国の制裁を批判しているが、軍事作戦を支持または支援するまでには至っていない。 プーチン大統領は先週、中国の習近平国家主席がウクライナについて懸念を抱いていると述べた。

ロシアが戦争を終わらせるために中国から圧力を受けているかどうか尋ねられたとき、ラブロフは次のように述べた。

Reuters.com に無料で無制限にアクセスするには、今すぐ登録してください

国連でのミシェル・ニコルズ、フメイラ・パムク、ダフネ・プサレダキスによる報告。 David Ljunggren による追加報告。 サイモン・ルイスによる執筆。 Chris Reese と Daniel Wallis による編集

当社の基準: Thomson Reuters Trust Principles。



Source link