ポーランドは最初の原子力発電所の米国の提案を選ぶ-PM


[ワルシャワ 28日 ロイター] – 米国企業のウェスティングハウス・エレクトリック社がポーランド初の原子力発電所を建設すると、マテウシュ・モラヴィエツキ首相は金曜日に述べ、同国の炭素排出量を削減し、石炭を段階的に廃止することを目的とした待望の決定を確認した。

ロシアが近隣のウクライナで戦争を繰り広げている中、米国からのパートナーをポーランドが選択したことは、ワルシャワがその安全保障が脚光を浴びている時期にワシントンとの関係に重点を置いていることを強調している.

「私たちの原子力プロジェクトは、@WECNuclear の信頼できる安全な技術を使用することを確認します」と Morawiecki は Twitter で述べた。

ウェスティングハウスは、4月に提案を提出した韓国の国営の韓国水力原子力発電と競合していた. ワルシャワはまた、プロジェクトについてフランスの企業と話し合っていました。

カマラ・ハリス副大統領はツイートで、「このプロジェクトに関する米国のパートナーシップは、私たち全員にとって有利です。気候危機に対処し、ヨーロッパのエネルギー安全保障を強化し、米国とポーランドの戦略的関係を深めることができます。

ハリス氏はエネルギー長官ジェニファー・グランホルムと共にウェスティングハウスが契約を確保するのを助けるために働き、過去1年間に何度かモラヴィエツキと関与した、とホワイトハウスの当局者は語った. このプロジェクトは、何千ものアメリカ人の雇用を生み出すだろう、と当局者は付け加えた。

ウェスティングハウスと米国の選出は、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領に「米国とポーランドの同盟の強さとかみ合いについて」メッセージを送ったと、米国政府高官は述べた。

ワルシャワは、6 ~ 9 ギガワット (GW) の原子力発電容量を建設し、プロジェクトに最大 49% のエクイティ ファイナンスを提供するパートナーを探していました。 2022 年末までに最初の 3 基の原子炉の技術を選択し、最初のセットは 2033 年に運転を開始する予定です。

「決定は最初の 3 基の原子炉に関するものであることを理解しており、ポーランドは最終的にウェスティングハウスから 6 基の AP1000 原子炉を建設する意向であり、後日 3 基の 2 基目のセットについて正式な決定を下すことを期待している」と米国の当局者は述べた。言った。

情報筋によると、ポーランドは最初にパートナーが誰になるかを示す技術を選択し、その後契約の詳細について話し合うとのことです。

Justyna Pawlak と Anna Koper による報告。 ワシントンのアンドレア・シャラルによる追加報告。 Grant McCool と Cynthia Osterman による編集

当社の基準: Thomson Reuters Trust Principles。



Source link