ロシアはウクライナ黒海の穀物輸出を停止し、バイデンは激怒した


  • ロシア、国連穀物協定への参加を停止
  • 移動は、クリミアへの無人機攻撃の後に行われます
  • ロシアはイギリス人が無人機攻撃を支援したと言う
  • ウクライナは、ロシアが攻撃を発明したと言います
  • バイデン氏は、この動きは法外だと言う

[10月29日 ロイター] – ロシアは29日、国連が仲介する黒海の穀物協定への参加を停止した。これは、クリミア半島のロシア艦隊に対するウクライナの無人偵察機による大規模な攻撃であり、世界的な食糧危機を緩和しようとする試みに打撃を与えたと述べた。

米国のジョー・バイデン大統領は、この動きを「まったく法外」であると非難し、飢餓を増加させるだろうと述べた.

ロシア国防省は、ウクライナが土曜日の早い段階で16機の無人偵察機で、併合されたクリミア半島のセヴァストポリ近くの黒海艦隊を攻撃し、英国海軍の「専門家」が「テロリスト」攻撃の調整を支援したと述べた。

この停止により、重要な黒海の港からのウクライナの穀物輸出が遮断される。

バイデン氏は地元デラウェア州で記者団に対し、「彼らのやっていることには何のメリットもない。国連はその取引について交渉した。それで終わりにすべきだ」と語った。

この取引により、世界最大の輸出国の 1 つであるウクライナから、ロシアの侵略が阻止された穀物の出荷が可能になります。

ロシアは国連事務総長のアントニオ・グテーレスに書簡を送り、ロイターが確認したところ、協定の下で航行する「民間船の安全を保証」できないため、協定を「無期限」に保留すると述べた。

ロシアはまた、国連安全保障理事会に月曜日に攻撃について会合するよう要請した、とロシアのドミトリー・ポリアンスキー国連副大使はツイッターに書いた。

英国は土曜日、英国海軍の人員が先月ノルドストリームのパイプラインを爆破したというロシアの主張は誤りであり、ロシアの軍事的失敗から注意をそらすことを目的としていると述べた。

ロシアは攻撃を撃退したが、標的となった船はウクライナの黒海港から穀物回廊を確保することに関与していたと述べた。

ウクライナのヴォロディミル・ゼレンスキー大統領は、彼がロシアの無意味な動きと呼んだことは、国連と主要20カ国からなるグループからの強力な国際的対応を必要とした.

ゼレンスキー氏はビデオ演説で、「これは、アフリカやアジアにとって大規模な飢饉の脅威に立ち返ろうとする、ロシアによる完全に透明な試みだ」と述べ、ロシアはG20から追い出されるべきだと付け加えた。

ウクライナのドミトロ・クレバ外相は、モスクワは虚偽の口実を使って取引を沈めていると述べた。

「私はすべての国に対し、ロシアにハンガーゲームをやめ、義務を果たすよう要求するよう求める」とクレバ氏は語った。

声明の中で、欧州連合は、重要な人道的取り組みとして説明されている取引を「危険にさらすような一方的な行動をすべての当事者が控えなければならない」と述べた.

「ハンガーゲーム」

ロシアとウクライナが 7 月 22 日にトルコで国連が支援する黒海穀物イニシアチブに署名して以来、900 万トン以上のトウモロコシ、小麦、ヒマワリ製品、大麦、菜種、大豆が輸出されました。

しかし、11月19日に協定が満了する前に、ロシアは協定には深刻な問題があると繰り返し述べていた。 ウクライナは、モスクワが約 200 隻の船舶による穀物貨物の集荷を阻止したと訴えた。

国連のスポークスマンは、国連はこの状況についてロシア当局と連絡を取り合っていると述べた。

国連の援助責任者マーティン・グリフィス氏は水曜日にだけ、協定が11月中旬以降に延長されることについて「比較的楽観的」であると述べた.

トルコの防衛アナリスト、トゥラン・オグズ氏は、「西側市場の価格は引き下げられたが、ロシアはこの合意から何も得られなかった。 「ロシアの撤退の主な理由は、ロシアに対する欧米の無関心だと思う」

ロシアの動きのちょうど 24 時間前に、アントニオ・グテーレス国連事務総長のスポークスマンは、協定を更新するよう当事者に訴えていた。

ロシアのドミトリー・パトルシェフ農業相は、ロシアはトルコの支援を受けて、今後4か月で最大50万トンの穀物を貧困国に無償で供給する準備ができており、ウクライナの穀物の供給に取って代わると述べた。

「ロシア連邦は、ウクライナの穀物を代替し、関心のあるすべての国に手頃な価格で物資を届ける準備が整っている」と彼は言った。

Guy Faulconbridge による執筆、Reuters の記者による報告。 アンドリュー・カウソーン、フランシス・ケリー、クリスティーナ・フィンチャー、デビッド・ユンググレン、ダニエル・ウォリスによる編集

当社の基準: Thomson Reuters Trust Principles。



Source link