娘の仇討ちに生きたカニを食べて入院した男性:レポート


  • サウスチャイナ・モーニング・ポストによると、中国の男性が生きたカニを食べて娘を挟んで入院した.
  • 甲殻類を飲み込んでから数か月後、彼は重度の背中の痛みと寄生虫感染症で入院しました。
  • 中国の一部の地域では生のカニが提供されていますが、地方政府の当局者は生のカニに反対することを推奨しています.

中国の男性が、娘の仇を討つために生きたカニを食べた後、数か月後に奇妙な病気になりました。

サウス チャイナ モーニング ポストによると、浙江省の 39 歳のルーさんと特定されたこの男性は、甲殻類を飲み込んでから約 2 か月後、杭州の病院で最近、重度の背中の痛みを訴えて医師の診察を受けました。

「なぜ生きたカニを食べたのですか?」と彼に尋ねました。 彼は「娘に復讐したかった」と言った」と曹謙博士はモーニング・ポストに語った. 「彼は、『小川のそばにいたとき、娘が小さなカニに挟まれたので、怒って復讐のためにそれを私の口に入れました』と言いました。」

モーニング・ポストによると、カオ氏は妻が「胸部、腹部、肝臓、消化器系の病理学的変化」に困惑した医師に事件について言及した後、ルー氏がカニを食べたことを認めただけだと述べた.

「私たちは彼に、ジビエや珍しいもの、アレルギーを引き起こす可能性のあるものを食べたことがあるかどうかを繰り返し尋ねました。彼はすべてノーと言いました」

モーニング・ポストによると、血液検査の結果、ルーは生きたカニを食べたことで3つの寄生虫感染症にかかっていたことが判明した。

モーニング・ポストによると、カニは通常中国で調理されますが、ルーの出身地である浙江省と近隣の省では、生のままでアルコールに漬けて「酔ったカニ」という名前で提供されることもあります.

「理論的には、寄生虫やバクテリアを殺すのに役立つアルコールで処理されているため、完全に生よりもマリネしたものを食べる方が良い. 「しかし、すべての寄生虫を殺すことはできないため、100% 安全というわけではありません。」

香港特別行政区政府によると、香港の食品安全センターは、マリネされているかどうかにかかわらず、生のカニを食べることを推奨していません.



Source link