チェコ人は過激主義の台頭に反対し、ウクライナへの支持を表明


[プラハ 19日 ロイター] – 極右の政治運動、過激派グループ、共産党の連合が同じ場所で抗議行動を行った2日後、数万人のチェコ人が日曜日、ポピュリズムと過激主義の台頭に反対してプラハのメイン広場に集結した。

チェコ、米国、NATO、ウクライナの旗を振って、群衆の多くがロシアとの戦争でウクライナを支持する声を上げた.これは、欧州連合とNATOに反対する主催者がガス供給についてモスクワとの直接交渉を求めた金曜日の抗議とは対照的である.

日曜日の表彰台の看板には、「恐怖に対するチェコ共和国」と「私たちはそれを処理できます」と書かれており、イベントを組織したグループである民主主義のためのミリオンモーメントの創設者は、高エネルギー価格と戦争に対する恐怖にもかかわらず、群衆に次のように語った。ウクライナでは、民主主義の将来が危機に瀕していました。

「あなたの恐怖に直面してくれてありがとう」と、グループの創設者は群衆に一斉に言った. 「多くの人が恐れているのは理解できます。しかし、それは必ずしも悪いことではありません。恐れは良いしもべであり、私たちが生き残るのに役立ちます。」

デモでは、ウクライナのファーストレディーであるオレナ・ゼレンスカのビデオ出演も取り上げられ、彼女は人々に彼女の国で起こっていることに集中し続けるよう促した.

「ロシアが私たちや全世界を闇に引きずり込むことは許さない」とウクライナ語で語った。 「闇が勝つことはありません。人々が戦争に目をつぶらない限り、私たちの光は消えることはありません。」

ウクライナでの戦争に後押しされたエネルギー価格の高騰は、消費者や企業のエネルギーコストの上昇による打撃を緩和するよう、ヨーロッパ中の政府に圧力をかけています。

チェコ共和国では、ペトル・フィアラ首相の政府がロシアに対する EU 制裁に署名し、ロシアのウクライナ侵攻に対して厳しい姿勢を示した。 また、企業向けの財政支援や家庭向けの電力料金の上限設定など、一連の措置を採用しています。

(マイケル・カーンによる報告、フランシス・ケリーによる編集)



Source link