フィリピンの嵐: ナルゲ (ペーン) からの死者数が 98 人に増加、災害機関によると


フィリピンのフェルディナンド・マルコス・ジュニア大統領は月曜日に、熱帯性暴風雨ナルゲが週末に東南アジアの国を横切り、少なくとも98人が死亡した後、洪水で水没した地域を飛行して被害を調査する予定です。

国家災害庁によると、死亡者の半数以上は南部のバンサモロ自治区で記録されており、雨による地滑りが原因であることが多いとのことです。

当局によると、行方不明者は63人、負傷者は69人。

速報によると、バンサモロ地域では 53 人が死亡し、22 人が行方不明になっています。

大雨と強風によるインフラへの損害は約 7 億 5,800 万ペソ (約 1,300 万ドル) にのぼり、農業における損失は 4 億 3,500 万ペソ以上と見積もられました。

マルコスは月曜日に、首都マニラ近くのカビテ州の水没した村の航空検査を実施する予定です。 指導者は、特にバンサモロのマギンダナオ州での死亡者数にショックを表明しました。

5回上陸したナルゲは、月曜日遅くにフィリピンを離れ、中国南部に向かうと予想されていました。

フィリピンでは年間平均 20 個の台風が発生しており、熱帯低気圧の激しさが増していることが原因の 1 つとして、地滑りや洪水が頻繁に発生しています。



Source link