オレグ・ティンコフは、ウクライナでの戦争をめぐってロシアの市民権を放棄した



ロンドン/香港
CNN事業

ロシアの主要なデジタル銀行の創設者であるオレグ・ティンコフは、ウクライナでの戦争に抗議してロシア市民権を放棄した。

ティンコフ氏は10月26日付で、自身の決定を裏付ける証明書の写真とともに、「私はロシア市民権を放棄する決定を下した」と月曜日にインスタグラムに投稿した。

投稿はその後削除されたが、その写真はソーシャルメディアで流布され、ロシアの国営メディアによって報告された.

「私は、平和な隣国と戦争を始め、罪のない人々を毎日殺害しているファシスト国とは関係ありません」とティンコフは書いています。

2006 年にティンコフ銀行を設立したティンコフ氏は、今年初め、ウクライナでのロシアの「非常識な戦争」を激しく非難した。 彼 「ロシアの不法侵略を支援した」として 3 月 24 日に英国から制裁措置を受けた 65 の個人および団体の 1 つでした。

ティンコフは最近、ティンコフ銀行の親会社 TSC の 35% の株式を、ロシアの億万長者ウラジミール・ポタニンが管理する会社に売却しました。 ブルームバーグ・ビリオネア指数によると、売却前のティンコフ氏の資産は約35億ドルと推定されていた。

別の億万長者の金融サービスの大物も、戦争をめぐってロシアとの関係を断ち切った。

Revolut の共同創設者兼 CEO である Nikolay Storonsky は、今年初めにロシアの市民権を放棄した、と英国の会社は火曜日に発表し、The Telegraph の報道を確認した.

「戦争に関する彼の立場は公の記録にある。戦争は完全に忌まわしいものであり、彼は戦闘の即時終結を求めることに断固としている」とレボルートは声明で述べた。



Source link