ロシアの大物オレグ・ティンコフがウクライナ戦争で市民権を放棄


コメント

ロシアの銀行大物オレグ・ティンコフは、ロシアの市民権を放棄し、モスクワのウクライナ侵攻を公に非難し、「ファシスト国とは関係がないし、今後も関係がない」と述べた。

彼は火曜日に、2006年に設立したロシアの商業銀行であるティンコフ銀行から彼の名前を取り消す予定であると付け加え、次のように書いています。

このビジネスマンは、10 月 26 日付の彼の放棄を証明する公式文書の画像を共有するインスタグラムの投稿で、市民権を終了したことを月曜日に発表した。彼の経済」と彼は言い、「私はプーチンのロシアは嫌いですが、この狂った戦争にはっきりと反対しているすべてのロシア人を愛しています!」と付け加えた。

その投稿は後に削除され、ティンコフは火曜日に「不思議なことに消えた」と述べ、「クレムリンの荒らし」の仕業ではないかと推測した。

キプロス市民権も保持していると報告されているティンコフは、侵略を公に批判した数少ない著名なロシア人ビジネスマンの 1 人です。 彼は 2 月に戦争に反対し、後に侵略を「正気ではない」と非難しました。 彼は、クレムリン当局者からの圧力により、ティンコフ銀行の株式を売却することを余儀なくされたと主張している。

彼の戦争への反対にもかかわらず、英国当局は3月にティンコフに対する制裁を発表し、彼の英国資産を凍結し、彼のプライベートボートと航空機を英国領土から禁止し、市民と企業が彼と取引することを妨げた. 外務省当局者は、54歳の彼がティンコフ銀行への関与から利益を得たか、それを通じてロシア政府を支援したと非難した. 外務省の声明は、当時の彼の純資産を 39 億ドルと見積もった報告を引用した。

昨年、ティンコフは米国での刑事事件で脱税の罪を認めた。

ティンコフは、少数のロシア生まれの企業幹部の中で、祖国との関係を公式に断ち切った最新の人物だ。

今週初め、Telegraph 紙は、Revolut 銀行を共同設立したロシアの著名な幹部ニコライ・ストロンスキーが市民権を放棄したと報じた。

3月、ロシアとイスラエルのオリガルヒであるレオニード・ネヴズリンは、ロシアのウクライナ侵攻を理由に、市民権を放棄すると発表した。 「プーチンが触れるものはすべて死ぬ」とネヴズリンはフェイスブックの投稿に書いた。 「私は戦争に反対です。 私は占領に反対です。 私はウクライナの人々の大量虐殺に反対します。」

オリガルヒはロシア市民権を放棄し、「プーチンが触れるものはすべて死ぬ」と述べた

そして10月には億万長者のユーリ・ミルナー ツイッターで発表 ロシアによるクリミア併合後、彼の家族は「ロシア市民権を放棄する手続きを完了」し、「永久に」国を離れた。

2003年に逮捕されるまでロシアで最も裕福な人物だった追放されたオリガルヒのミハイル・ホドルコフスキーは、プーチンの最も有名な批評家の1人になりました. 今年ロンドンで行われたワシントン・ポストとのインタビューで、彼は国を逃れた他の著名なロシア人に侵略を非難するよう呼びかけた. 「あなたが去った場合、あなたは公に自分自身を解離するか、あなたが行動していると疑うことを余儀なくされるべきです [the Kremlin’s] 代わって」と彼は言った。





Source link